『おおかみこどもの雨と雪』を観ました。

のりこの生態

映画、本、番組の感想など

『おおかみこどもの雨と雪』を観ました。

 

おおかみとお母さん「花」から生まれた

雨と雪の物語。

 

「人間なのにおおかみになってしまう」と悩む雪と

「おおかみなのに人間として生きていること」に悩む雨。

 

どちらも間違いではないんですよね。

 

この物語はおおかみと人間ですが

ハーフの方なんかもそうなのかなと思いました。

 

もともと人は完全にオリジナルなので

人と違うことは当たり前。

 

自分は変わってると気にすることは

意味がないこと。

 

自分はどう生きるのか

どういう存在なのか

何のために生きるのか

どう在るのか

自分で決めることが大事です。

 

人との関わり方に正解などなく

人の考え方や思いは多様で

他人のことを完全に理解することは難しいです。

 

大切なのは理解しようとすることなんだと思いました。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.