凍頂烏龍茶の美味しい入れ方

代表ブログ

台湾茶

凍頂烏龍茶の美味しい入れ方

台湾茶の中でも一番ベーシックで

普段づかいの凍頂烏龍茶。

 

煎れ方によって『にがっ!』っとなる

場合がありますので美味しい入れ方の

コツをご紹介します。

 

①小さめの急須またはコップに5グラム入れます。

(茶葉が小さく丸まっていますが

お湯を注ぐと1枚のリーフに広がりますので

感覚的に『少なめ?』くらいでお願いします。)

 

②100度のお湯を満ち満ちに入れてふたをします。

 

③蒸らし時間は30秒です。

 

④お湯は全部出し切って下さい。

 

⑤二回目以降は、30秒、40秒、1分と調節してください。

 

 

凍頂烏龍茶は甘くてほんわりと

めちゃくちゃ香りがよいお茶なので

 

もし『にがっ!』っとなった場合は

茶葉を入れすぎたか蒸らし過ぎたかなので

自分好みに調節をお願いします。

 

美味しい烏龍茶を愉しんでみてください。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.