安部塾

代表ブログ

骨盤底筋の引き上げ

火曜日は安部塾。

骨盤底筋について学びました。

 

恥骨と尾骨を縦に近づけるイメージは

わかりやすいですね。

 

 

フロントラインのここを引き上げることで

胸鎖乳突筋の力が抜けて骨盤底筋も引き上がります。

顔も引き上がるんですよ。

 

 

逆に首の後ろが詰まっていると

何をやっても引き上がらず

お腹もポヨンです。

わかりやすいですね。

 

 

よつばいのときも反り腰のときは効果あります。

 

腓腹筋

 

 

ヒラメ筋

 

 

柔らかすぎな私はグラグラすぎて

笑いが出ちゃう。。。

 

課題も見つかりました。

 

 

練習するのが楽しみです。

 

 

 

グラノーラ完売

今朝はゆっくりと起きました。

 

メールの返信や電話対応を済ませて

郵便局へグラノーラの発送。

 

 

グラノーラ完売いたしました。

ありがとうございます。

 

 

郵便局近くの八百屋さんで

キャベツを買いました。

『これからキャベツ高くなるから

大事に食べてね』と。

お好み焼きを作りました。

お正月に残った餅を入れて

餅チーズお好み焼き。

毎日食べたいくらい

美味しい(^^)

 

img_7915.jpgimg_7917.jpg

 

安部塾では足について学びました。

足からつながる上半身への連鎖は

とても気持ちが良いです。

 

私の頭の中も整理されて繋がって来たので

レッスンでもお伝えしていきますね。

 

肩がハマると気持ちがいい

本日は安部塾へ。

 

肩と膝とふくらはぎと

整えました。

 

 

 

腕相撲負けたり

ボール投げたり

シェイカー振ったり

滝行したり

 

いろいろやってるうちに

肩がハマって心地よかったです♡

 

ゆるゆるな私にはぴったり。

 

目と脳と皮膚と

img_6549.jpg

先週の安部塾での学びが

面白かったので自分のためにまとめました。

 

 

脳と目、神経管、皮膚は同じ細胞からできているので

目は脳そのものです。

 

受精卵から2ヶ月の段階で脳の性能が決まっていて

生まれてからは表現の仕方が変わります。

 

桜と梅の木は似てるけど

さくらんぼの種をどう育てても梅にはなりませんが

どんな土に植えたかですぐ枯れたり何百年も咲き誇りますね。

 

脳も同じで、生まれる前に性能は決まりますが

生まれてきてからの環境で表現が変わります。

 

 

今までは運動が身体に効くと思われてきましたが

運動が効くのは脳に効くのであって

運動そのものは身体に効いてないということがわかってきてます。

 

運動という入力をすることで

脳の構造が変わり脳から出てくる信号が良くなって調子が良くなる仕組み。

 

 

患部にアプローチするやり方は時代遅れになってきています。

面白いのは易経は最初からそれを言ってて科学の方が追いついてきたよう。

 

 

皮膚も脳なので皮膚からの入力が可能です。

 

筋肉を押すことは脳ではなく中胚葉にアプローチしていて

あくまで皮膚にアプローチしている感覚が大事です。

 

もちろん筋肉からのアプローチもできますけど

脳そのものにアプローチするときは皮膚からなんですね。

 

 

学びの時はいつもレコーダーで録音していて

何回も聞いてます。

 

 

そう。

目は脳なので

レーシックはやめた方がいいですよ。

目に傷をつけることは脳に傷つけることと同じこと。

わかりますね。

 

安部塾 4周年

 

img_6345-e1543860920898-1024x769

安部塾4周年講座の合宿へ行ってきました。

 

 

 

img_6347.jpg

 

会場入り前に赤間神宮へご挨拶。

 

今回のテーマは

『トリガーポイントセラピー』

会場は海の見えるゲストハウス

ウズハウスです。

 

ウズハウス

https://uzuhouse.com/

750-0003
山口県下関市阿弥陀寺町7-8
TEL.083-250-9787

 

 

カフェ利用はありましたが

初めての宿泊です。

 

 

 

午前中はスーパートリガーポイントセラピー

についての座学。

 

自分の筋肉の手入れを優しくする人は

人に対しても優しく付き合える。

 

カオスは美しい。

 

慢性の痛みがあると脳が壊れる

 

本物の動きを見ることの大切さ。

 

強いマッサージではなく深いマッサージ

 

そもそも好かれてないと効かない。

 

トリガーポイントセラピーは脳に効いてる。

 

何かをしたからトリガーポイントができたわけではなくもともとあった。

 

慢性痛は脳の問題

ということを

伝えていきたいと思います。

 

 

お昼ごはんは唐戸市場へ

行ってきました。

 

のどぐろと穴子、鯛と鰻のお寿司を

いただきました。

 

 

午後からは実技。

 

肩や手、口の中のトリガーポイントを

入念にほぐしていきました。

 

 

やってもらってるのも気持ちがいいけど

やってる方もとても気持ちがいいのです。

 

 

 

 

夜は龍舞。

 

とても良かったです。

美しいの一言。

 

本気の余興。

壮大で素晴らしかったです。

 

この20分の裏側にあるもの

全てを感じ来れて良かったなと

思いました。

 

 

安部塾4周年のお祝いもしました。

 

 

img_7326.jpg

夜は『痛みのサイエンス』のお勉強会。

 

途中、私の質問から路線変更となりましたが

すごく興味深く面白かったです。

 

身体の学びも大切だけれども

それ以前の脳の仕組みはとても大切。

 

 

脳の中ではどんなことが起こっているのか。

 

思考は現実化しないのはなぜか。

神様のこと。

神社のこと。

ご先祖さまのこと。

華厳経のこと。

対話すること。

 

大事なことを教えてもらいました。

 

 

2日目

宿泊者しか行けない

屋上に上がると

とても気持ちが良かったです。

 

ウズハウスいいわ〜♡

と再確認。

 

 

 

2日目もまったり実技。

 

足部、腰、膝を入念にほぐし

身体も頭もふわふわになって

ものすごく眠くなりました。

 

お昼はやっぱり唐戸市場。

またまたお寿司食べましたよ。

のどぐろが好きですもの。

 

 

講座終わったあとの階段の昇り降りの軽いこと。

 

みんなの顔も朗らかで

トリガーポイントセラピーはとても良いです。

 

 

小手先のやり方や方法では

本当に意味は無く信用もなくします。

 

 

コツコツと積み上げることはとても大事で

積み上げた先に見える景色は

積み上げた人にしか味わえないのです。

 

 

 

安部先生の家で学び始め

薬院校ができ4年。

 

 

学び続けられる場があるのは

とても有り難いこと。

 

 

学び続けて良かったなと思います。

 

 

みんな来ればいいのにね。

 

帰りは福岡さんに乗せてもらい

金光聖子ちゃんとわいわい帰りました。

 

 

まったり穏やかで

大事なことを感じとった

2日間でした。

 

 

ありがとうございます。

 

img_7336.jpg

 

顔の筋肉

顔の筋肉について学びました。

 

顔の筋肉の特徴は

通常の筋肉が骨と骨に筋肉が着いてるのに対し

顔の筋肉は骨と皮膚に着いています。

 

骨と骨に着いている筋肉は筋肉が収縮することで関節の運動がありますが

顔の筋肉は収縮することで皮膚が動くので表情ができます。

 

 

眼輪筋は瞼を閉じる筋肉です。

目は外界をみるための臓器であって

眼輪筋は外界と脳をつなげる扉の役割。

 

目は瞼を閉じる時に筋肉を使うのであって

筋肉で開けているわけではないのです。

 

 

目は緩まないと開かない。

目を開けようとすると頭蓋表筋を使い

瞼ではなく眉を動かしますよ。

 

 

顔がほころぶというように

緩むことが大事で

顔の筋肉は鍛えてはいけません。

 

 

 

最近は目が大きい方が可愛いとされていますが

昔から笑い顔、優しい顔は目が細く良いとされてきました。

つくり顔をすると脳が混乱し、体調悪くなりますよ。

 

大事なことなのでもう一度

顔は鍛えてはいけません。

 

 

 

解剖学メイクについても

学びを深めてみようと思います。

 

安部塾へ

 

今日の安部塾はトリガーポイント。

筋ほぐしでした。

 

 

身体の痛みのほとんどはトリガーポイントであり

姿勢保持筋に多くできています。

 

 

面白いのは

姿勢保持筋のしこりは脳のしこり。

 

 

関節の緩い人、心理的ストレスの多い人に

多くできます。

 

 

大きな筋肉のしこりはすぐに消えますが

姿勢保持筋のしこりには

 

 

まずは最低限の筋力をつけることが最優先です。

 

 

しこりがあるからほぐせるとこまで筋力をつける。

 

そんなイメージだそうです。

 

 

姿勢保持筋にアプローチするピラティス

呼吸をベースにしたピラティスはいいですよ。

 

 

 

壊れてなおすのは時間がかかる。

 

家でもそうです。

新しく作るより修理は大変。

 

 

脳のセンサーを治すところから。

中立位を出すところから。

 

 

新たな頭でトリガーポイント勉強中です。

 

眼と舌のトレーニング

安部塾に眼と舌のトレーニングをしました。

眼の大きさ、口元、フェイスライン

全然違うー!

面白いでしょ。

やってみたい方は是非一緒にしませんか?

 

安部塾『プライマリーコントロール』の講座に参加してきました。

 

目と後頭下筋のつながりや

首の緊張の解放について学びました。

 

頭の視点は重心より後ろにあり

歩く時、自然に前に傾くことが動作の始まりになる。

 

首の後ろの筋肉(後頭下筋)には多くの伸張受容器があり眼球運動と背筋に関係している。

後頭下筋がリードして、それより下の筋肉を緩めること。

大事なのはこの後頭下筋を緩めること。

 

すべての動物は頭から動く。

身体はデザインされた通りに動かす。

姿勢とは止まることではない。→良い姿勢にしようと姿勢改善しようとするとよくない。

動作をするにあたって力まない。

疲れてゴロンと休むのではなく、全く違う動きをすることで休養する。

人類が生き残るためには楽をすること。

肩こりは嘘つき。

 

必要ない身体のこわばりを手放し

しっかりと見て行きたい方向に動くこと。

 

動きこそが生きている本質。

動きのないところに生命はないから。

実技はバッタと魚をしました。

 

肩も下がってスッキリ。

とても面白かったです。

 

が。

 

私の呼吸についての質問から

脱線に脱線を重ね

めちゃくちゃ濃い大脱線で

そこが一番濃く残ってるかも。。。笑

 

 

呼吸するときに肩に力が入る私。。。

原因は舌の筋力不足と眼筋でした。

 

 

舌が使えてないことで

肩甲舌骨筋、胸骨舌骨筋が緊張してたみたい。

 

舌と横隔膜はディープフロントライン

目は後頭下筋、背筋と関係してる。

 

なるほどー。。。

 

私の呼吸への研究の第一歩のヒントをもらいました。

 

学びの道はまだまだ続きます。

舌のトレーニングとビジョントレーニングを

日々やっていきます。

 

ヨガもたまには

火曜日は安部塾。

 

柔軟性だけでは辿り着けない域へ。

ヨガのポーズなんて練習してなかったけど

日々の地味なトレーニングと圧倒的な座学の

おかげで初めてでもここまできました。

 

前の私は柔軟性だけでやってましたからね。

関節のハマり感も全然違うものとなりました。

 

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.