足のイモムシ

モニョモニョ日記

安部塾

足のイモムシ

木曜日安部塾は

ゴールデンウイーク集中講座前の

足の学びでした。


購入して約15年

わからなすぎて開くことのなかった

「動きの解剖学II」
今ならわかる。

この本、面白い。

立方骨は橋で言ったらキーストーン。

この骨を上げるには

ただ物理的に上げるだけでなく

腓骨筋も使って自力で上げるのがいい。

足は身体の土台だから

かかとの歪みは

膝や股関節まで影響は大きいの。

足のイモムシ。

ちゃんと縮めて、ちゃんと伸ばす。


足のスパイラルをととのえて

イモムシするといい感じに整う。
そしてこのイモムシ。

前に進むのが得意な人

後ろに進むのが得意な人がいる。
身体と感情の繋がりは面白く

前に進むのが得意な人は

人生前に進むのが得意。

逆に後ろに進むのが得意な人は

後ろ向きに考えがちだったりするみたい。


科学の進歩、研究によって

昔はいいとされてたことが

1日にしてひっくり返ることもあります。

栄養の業界も運動の業界も。

それほど身体は深いし

まだまだわかってないこともあるのです。
ネットが広がったなか

情報は山のように溢れています。

なんでも鵜呑みにせず

見極めることの大切さを知って

欲しいです。
そう習って来たから

みんながそうやってるから

なんとなく良さそうだから

子どもの頃からそうしてきたから

柔らかければ、柔らかいほど

怪我しないという時代は

もう終わってます。
構造を知り、仕組みを知り

感覚を磨き、動き方の練習をする。
足についての学びは

今後も深め伝えていきたいと

思ってます。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.