感情は手の動きに現れる

代表ブログ

安部塾

感情は手の動きに現れる

昨日、安部塾にて感情と身体について学びました。

 

ピラティスを学んでいた時も

学んでいたけれど

脳の使い方と繋げるとより深まりとても

おもしろかったです。

 
能の世界はお面をかぶっているから

表情ではなく手で感情を表現します。

 
怒っている

愉しい

悲しい

面白い

イライラしてる

嬉しい

 

などのとき

自然と手や足に出てるそう。

 

手の動きには感情が現れ、逆に手の動きによって自分の感情も

コントロールされます。

 

脳はうそつきで騙されやすいから

手の動きで騙されるということ。

 

態度で感情を表現すると、より倍増します。

 

 

結局、作法が出来ていて美しく動ける人は

脳のコンディションも良いので

魅力的に見えるんですね。

 

 

 

姿勢と動きが悪いときには

あまりいいこと思いつかないです。

 

人生で一大事のことを考えるときは

足を整え姿勢を良くして美しい作法で

考えるといい結果となります。

 
身体の動きは脳に影響を与えるということ。

 

美しい足をつくり

機能解剖学的に正しい動きをすると

人生一気によくなります。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.