美しい足をつくる

代表ブログ

美しい足をつくるフットケア講座を開催しました。

 

 

初の熊本開催

『美しい足をつくるフットケア講座』でした。

 

 

早起きして熊本へ。

 

 

 

 

今回も始めに

お一人お一人のフットプリントを取りました。

 

フットプリントは今の状態を確認。

 

 

私のフットプリントは

サポートのかなこちゃんが取ってくれましたよ。

 

 

 

 

今回の参加者さんは

みなさんマラソンランナー。

 

 

足の模型や解剖学の本を見ながら

マラソンに役立つケアを中心に

お伝えしました。

 

 

 

 

身体の構造や仕組みを知ると

どう動かせばいいのかわかります。

 

 

そして足は感覚器だということ。

 

きつい練習だけがトレーニングではなくて

感覚を磨いていくことも大事なトレーニングです。

 

 

はぁはぁするようなきつい運動をしなくても

バランス感覚が良くなったりや柔軟性も増します。

 

 

 

 

最後はニベアで保湿。

保湿するだけで動きが変わるんですよ。

 

モチモチで気持ちいいですしね。

 

 

 

 

あっという間の3時間。

とても愉しい時間になりました。

 

 

 

熊本のカフェはスイスということで

行って来ました。

 

 

熊本遠征はとても実りあるものとなりました。

 

 

全国各地へ招致していただける方を募集しております。

あなたの街へも参りますので、

お声かけくださいね。

 

6/18 美しい足をつくるフットケア講座

『美しくなる足をつくるフットケア講座』

腰が痛くなくなった。

背筋が伸びた。

と答えは足以外の部分にも。

今日はフットプリントを

前後に取りました。

初めて小指が出た!

軽くなった。

バランスが取りやすい。

足音がしない。

足首が細くなった。

などなどみなさん大きな変化を

感じられました。

足が整うと頭もクリアになるし

なにより心地がいい。

自分を良くしていくなかに

身体を整えることは必須です。

———————————————-

次回は7月2日

初の熊本開催です。

お問い合わせは

岩村優子さんまで。

ご参加お待ちしております。

 

わかりやすい解剖学講座

img_1226-1.jpg

ピラティスインストラクター
ヨガインストラクター
ウォーキングインストラクター
施術者などボディワーカー向けの

機能解剖学講座です。

人の身体はとても精密に出来ていて
美しい動きをします。

この講座では『動きの解剖学』
『プロメテウス』『身体運動学』の
本を使いながら

人の身体を扱うのに必須な学びを
わかりやすくお伝えします。

今回は『動きの解剖学』序章をメインに
解説いたします。

より深み、厚みのあるレッスンのために
学びを深めにいらっしゃいませんか?

今後、インストラクターを目指す方にも
おすすめです。

午前中は解剖学講座、
午後からはピラティスレッスンです。

【日時】
6月3日日曜日

10時〜11時30分
①解剖学講座 (担当のりこ)

11時45分〜13時
②ピラティス (担当かなこ)

【料金】
①のみ4000円
②のみ3000円
①+②6000円 ←おすすめ!

ご参加お待ちしております。
ご予約はこちらからお願いします。
http://www.s-kanon.com/contact

 

足を鍛えると声も美しくなる

 

アナトミートレインの本より

舌が落ちると

長母趾屈筋

後脛骨筋

長趾屈筋

が使えなくなります。

 

逆に

長母趾屈筋

後脛骨筋

長趾屈筋

がちゃんと使えると

声が通り、滑舌がよくなります。

 

声を仕事としてる人にも

足を整えることは必須なんですね。

 

 

そして。。

人も魚も動物もサイドラインを使って

コミニュケーションを取っています。

 

腓骨筋が使えないと

お腹が使えなく

コミニュケーション能力が

著しく下がります。

 

美しい足を作ると同時に

コミニュケーション能力が上がり

商売繁昌につながりますよ。

 

 

 

骨と骨の間の筋肉、骨間筋を鍛えると

ものすごく歩きやすくなります。

 

親指開いたり閉じたり

小指開いたり閉じたり

とっても気持ちいいんです。

 

一緒にいかがですか?

 

色気のある人の身体操作は美しい

 

火曜日は安部塾の日。

長母趾屈筋について学びました。

 

人間の身体の構造の美しさは

知れば知るほどに素晴らしいですね。

 

足の骨には筋肉が通るガイドがついてて

腓骨につながっています。

 

この筋肉がちゃんと働くことで

距骨の前後ずれを防いでいます。

 

 

長腓骨筋と後脛骨筋は

距骨の横ぶれを防ぐので

ウォーキングする方、ランナーさんには

とても良く成績も上がります。

 

底屈にして長腓骨筋と後脛骨筋を引き上げると

こんな感じ。

 

だいぶ縦じわが出来てきました。

 

 

 

 

スプリング靭帯の引き上げ

 

 

とっても歩きやすくなります。

ってことは。。。

 

私のスプリング靭帯は落ちてたんですね。

 

小平選手のコーチが使ってた本

プロメテウス、アナトミートレインは

私たちが使ってる本と同じ。

 

 

ハァハァする練習

しんどい練習

汗かく練習

よりも大事なことは

 

精度を上げていくこと。

 

足がきれいは大前提なんです。

踵を見ると股関節の状態も

わかります。

 

かかとが汚くなると大腿骨も壊れていきます。

 

そして踵がきれいな人は

うなじがきれいです。

 

踵がきれいな人の重心は

真ん中にあるから。

 

 

 

色気のある人の身体操作は

美しいのです。

 

人は見かけが全てとよく言うけど

あながち間違ってはないようです。

 

 

 

載距突起

載距突起・・・距骨を載せる骨です。

載距突起の上に正しく距骨が載せることで

美しい姿勢になります。

親趾の爪の裏をつけることで、2つの種子骨の裏がつきます。

外反拇趾の人は片方しかつかないので

そのまま強い運動してると割れることもあるんです。

そして

親趾使えない人は足首が太くなります。

載距骨突起の辿って前にあるのが舟状骨です。

載距突起と舟状骨を結ぶ靭帯がスプリング靭帯。

靭帯は触ってあげると

ごきげんになります。

下から上に触ります。

もも裏からの推進力が増し、

足がスッスッと前にでますよ。

ランニングしてる人も速くなります。

 

足の講座を開講しました。

今回も盛りだくさんの内容。

 

私の学びが止まらないので

各回ごとに進化しております。

 

今回の参加者は2人ともピラティスのインストラクターでした。

 

 

まずはフットプリント測定から。

 

フットプリントをとることで

足の問題だけでなく

 

身体がどうなってるかまで

まるわかりなんですよ。

 

 

 

自分の身体のことを知るのは

とても愉しい。

 

身体の仕組みはとても精密で

とても美しいから。

 

そんなすごい自分を知ることも

できるんです。

 

 

ブレイクタイムはこれ。

 

 

肩周りもすっきりです。

 

私もとても愉しかったです。

 

地味な練習を地味に続けることの大切さが

身体に詳しい2人だったからこそ伝わりました。

 

『足裏をごきげんにすると

体全体がごきげんになる‼︎』

とご感想をいただきました。

 

足の裏が地につくことで人の話がちゃんと聞ける

浮き指の人や外反母趾の人は

人からのアドバイスが聞こえにくいんです。

足裏がきれいについてることで

人の話がちゃんと聞けるのです。

足を整えることは大事。

足を整えると全部良くなります。

脳機能が良くなるから。

人生良くしたいときは

まずは足から整えましょう。

ちなみに浮き指も外反母趾も

遺伝ではありません。

親子、その上も代々そうだからと

思うかもしれませんが

子どもは親の真似して成長しますから。

良いところもそうでないところも

ちゃんと見て育ちます。

 

スプリング靭帯

靭帯は触ってあげると機嫌が良くなるそう。

ハムから推して前に進む感覚が出て

歩く時の推進力が増します。

走る人にもいいです。

レッスンでも解説いたします。

 

小趾外転筋

 

 

少し前に書いた短小趾屈筋の記事の続き

 

小趾外転筋は、

足底の外側から、小趾の基節骨の外側へと

走行している比較的大きな表層筋です。

 

作用は、小趾を外転、屈曲。

小趾を屈曲させる筋肉には

短小指屈筋もあるけど

小趾外転筋は小趾のみを外転させる筋肉です。

 

立位でバランスを取るのに

小趾外転筋と短小趾屈筋は

とっても重要な筋肉。

 

小趾が地についてないと

安定して立つことは難しいです。

 

ついてない人にはわからないかもしれないです。

ついた人しかわからない境地だからです。

 

足の小指が地につくことで

どうなるの?

と思う人にこそ味わって欲しいです。

 

自分で知ってることの外側にも

広がる世界はあるんです。

 

ふくらはぎが外側に広がってる

足首が太い

そんな方は是非。

 

 

 

この4つを働かせるワークで

かなり安定します。

足首過回内の人にはおすすめです。


 左側はニュートラルな足

右側は過回内の状態です。

 

小趾外転筋


 

短小趾屈筋


 

小趾だけつける


 

短趾屈筋


感じにいらしてくださいね。

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.