足はアートであり日用品

モニョモニョ日記

美しい足をつくる

足はアートであり日用品

ピラティスを始めた当初から

足部の大切さを学びました。

 

足部とは足首からつま先のことです。

 

身体の土台である足を

整えることはとても大切です。

 

足は趾骨(指の骨・基節骨・中節骨・末節骨)が14本

中足骨が5本、足根骨が7個、種子骨2個の

片足28個・両足で56個の骨で構成されています。

 

 

身体全体に約208個の骨があるので

体全体の骨のうち足だけで4分の1を占めています。

 

 

骨はそれぞれ互いに関節を作り、それぞれ動きがあります。

そして1つ1つ筋肉や靭帯、腱などの組織で支えられています。

 

 

 

 

芸術家レオナルド・ダ・ビンチは足の事を

『足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である』

と表現しています。

 

 

ピラティスを学んだ

アンディ先生からは

足首から下の問題を解決すれば、その上の問題の90%は改善する

と学びました。

 

 

足を学び整えることは非常に面白く

たくさんの新しい感覚を得られるので

私の内側からの愉しみです。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.