載距突起

代表ブログ

美しい足をつくる

載距突起

載距突起・・・距骨を載せる骨です。

載距突起の上に正しく距骨が載せることで

美しい姿勢になります。

親趾の爪の裏をつけることで、2つの種子骨の裏がつきます。

外反拇趾の人は片方しかつかないので

そのまま強い運動してると割れることもあるんです。

そして

親趾使えない人は足首が太くなります。

載距骨突起の辿って前にあるのが舟状骨です。

載距突起と舟状骨を結ぶ靭帯がスプリング靭帯。

靭帯は触ってあげると

ごきげんになります。

下から上に触ります。

もも裏からの推進力が増し、

足がスッスッと前にでますよ。

ランニングしてる人も速くなります。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.