『RBM カラダの地図を明確にする』

代表ブログ

イベント、WSなど

『RBM カラダの地図を明確にする』

メリークリスマス♡

 

自分へのプレゼント

熊本へ学びに行ってきました。

 

夏にピラティスジャパンでのワークショップで

お世話になった永田美香さんの勉強会。

 

久しぶりにお会いできるということで

とても愉しみでした。

 

行くと決めたのも内容がというより

会いたいの方が大きかったんです♡

 

 

今回のテーマは

全身の骨を触る!

 

骨ってなんだ?

とい問いかけ始まりました。

 

 

よくよく考えると

 

大学の教育実習では

小学生に骨とカルシウムのお話をしたし

 

大学の卒業論文では骨密度について発表しました。

 

ピラティスでも筋肉ではなく骨を見るようにと教えてもらい

 

 

ピラティスの養成コース中は、ずっと骨模型を触っていて

このザラザラは何?

なぜねじれてるの?

面白いカタチしてるね。

と触ってたのを覚えています。

 

 

私って骨に興味あったのね

と改めて思い出しました。

 

 

なぜ骨なのか??

骨は無機質で感情によってブレにくいから。

 

 

はじめてそういう視点で骨を見たのがおもしろかったです。

 

全身には206個の骨があります。

 

 

手から始まり足や背骨など全身の骨を

ひとつひとつ触っていくことで

 

自分の坐骨ってこんな幅だったのねぇ。

私の仙骨は上の方はフラットで下の方は丸いのねぇ。

呼吸で頭の骨が動くのねぇ。

 

なんて自分の身体を知ることができます。

 

 

触れてもらい身体の輪郭を取っていくことで

骨の周りの環境がどうなっているかを確認することで

動きのダイナミクスさや安定性が変化していく感覚がありました。

 

 

ただただタッチしていくことで

こんなにも身体が変わるのが驚きでしたよ。

 

身体を変えるのは難しくもありとても簡単なんです。

 

 

はじめに美香さんが言っていた

当たり前の再確認をするということも

スッと入ってきました。

 

 

 

今日はメンバー11人と美香さんの12人の

身体を触り触ってもらい

とてもいい経験となりました。

 

一人として同じ身体はないし

それぞれが全然違う身体を持っている。

 

 

どれがよくてどれが間違いでもなく

みんな違ってみんないいなんです。

 

 

そしていろいろ方から触ってもらうことで

これまたいろいろな触り方があるのだということを知り

 

今後、人に触れるときの触れ方は本当に大事だなぁと改めて思いました。

 

 

相手との信頼関係も触れ方ひとつです。

優しさも迷いも伝わります。

 

 

・自分の身体の変化

・お互いの信頼関係があるからこその変化があること

・自分の身体への信頼の大切さ

・相手を触る自分への信頼

・変化をすることに対して自分が責任を取ること

・その人も自分の変化に責任を取ること

・グループワークだからこその気づきがあること

 

気づきがたくさんありました。

 

 

 

こんなに信頼しあって

人の身体を触り触られるのはとてもありがたく

あたたかく優しい空気感がとても心地よかったです。

 

後半は触っていても触られていても

クラクラするほどに眠く

かなりリラックスしていました。

 

 

途中で帰っちゃったけど

懇親会でも仲良くしてもらいましたよ。

 

今回参加者はピラティス、ヨガのインストラクターや理学療法士さん

いろいろお話聞けました。

 

 

骨模型をベビーカーに乗せちゃうなんて斬新(^^)

 

 

熊本にもまた会いたい方たちが

たくさんできました。

 

美香さんにも会ってみてほしいです。

こちらも是非♡→永田美香さんブログ

 

 

来年は熊本でもお仕事したいです。

呼んでね。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.