身体のこと

代表ブログ

見よう見まねはダメ

img_8752.jpg

ヨガやピラティスを行うとき

 

雰囲気でなんとなく真似をして動いていること

また本や写真、TVを見ながら見よう見まねで

やっていることありませんか?

 

 

先日のビジョントレーニングで

小松先生が言っていた

 

 

2:6:2の法則。

 

2割の人は出来る人

6割の人はキッカケがあれば出来る人

2割の人は出来ない人

 

 
パッと見ただけだ真似して出来る人

例えば競技スポーツでプロとして活躍出来るような選手は

センスのいいほんの一握りだけです。

 

私を含めほとんどの人は正しく動くために

キッカケが必要です。

 

 

理解してイメージして

初めて、まともに動けるようになります。

 

 

それでも困難な方も残り2割はいて

そういう人は本当に時間をかけてコツコツと

練習を積まなければなりません。

 

 

私も人の何倍も練習しないと出来ないタイプなので、

きっとまわりが想像している以上に日々学びと練習を積んでいるんですよ。

 

 

人の身体はそれぞれ個々に特徴があり同じ人はいません。

なのでいい姿勢といってもそれぞれのいい姿勢があるのです。

 

 

かたちを真似るだけのエクササイズは

関節を外したままストレッチをしていたり

 

同じかたちにしようと頑張るあまり呼吸が止まってない?という写真や

自分で自分に関節技かけてるような写真もよく見かけます。

 

 

 

ただ見てそれを真似るだけのエクササイズは

安全ではありません。

 

 

なんとなく伸びて痛気持ちい

身体は柔らかければ柔らかいほどよい

というような昔ながらのレッスンもまだ多く

仕方ないのかもしれませんが。。。
 
 
 
自分の持っている身体を知りつくして

使いこなしていくのは自分しかいませんからね。

とにかく。

 

見よう見まねで出来ちゃう人はほとんどいないので

 

 

身体の中で何が起こっているのか、

何を起こそうとしているのか、

なぜこの動きをするのかを知って

イメージして動くことはとても大事ですよ。

 

 

そのためにどんな人にもピラティスは必要だと感じるのです。

 

 

ピラティスは解剖学を理解した上に成り立つエクササイズですからね。

 

 

ヨガを教えてる方もみんなピラティス学べばいいのにねと思うこの頃。。

自分の身体を整えていくことで広がる可能性は大きく自分と自分の人生は喜びます。

 

 

時間とお金と手間ひまかけて取り組む価値があります。

ピラティスいいですよ。

 

ストレッチシリーズ② 痛気持ちいはアウト

 

日本人は少し強い刺激が好きなようで、

指圧やマッサージなど少し痛いくらいの方が

効いてると思ってしまいませんか?

 

 

ストレッチも痛気持ちいくらいが、丁度いいと頑張って

「イテテテー。あー効く効く」

と伸ばされてる方も多いかと思います。

 

 

が!

痛気持ちいはアウトなんです!

 

 

ストレッチをやった次の日に筋肉痛みたいな感じや

逆に硬さを感じたことがありませんか?

 

 

体のコントロールをしている自律神経には

交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

 

交感神経はやる気モードに、

副交感神経はリラックスモードへ切り替えるスイッチです。

 

 

では。。。

「痛気持ちいい」は、どっちのスイッチでしょうか?

 

 

これは「痛い」に反応して交感神経にスイッチが入ります。

 

 

ストレッチをする時に、交感神経にスイッチが入ってしまうと

筋肉は緊張してかえって硬くなります。

 

 

筋肉はリラックスしてこそ伸びるものなので、

ストレッチで筋肉を緩ませるには、

副交感神経にスイッチしなければなりません。

 

 

ストレッチは「気持ちいい」とこまでしか

伸ばしてはいけないのです。

 

 

 

ストレッチシリーズ① 身体を柔らかくしたい方へ

 

身体を柔らかくしたい!

とピラティスを始められる方も多いかと思います。

 

 

ストレッチは

『イタ気持ちいくらいがいい!』説

『ストレッチは身体にいい』説

『身体は柔らかいほうがケガをしない』説

 

なんとなく身体は柔らかい方がいいでしょ。

というのが当たり前だった時代もありましたが

 

昔は当たり前だったことも

研究は日々進化しております。

 

 

ただただ伸ばす事に重点をおくストレッチ

はもう古くなりました。

 

 

数年前に流行った180度開脚なんかも

やってみたら股関節痛めてしまったという声も

たくさん聞きました。

 

 

ストレッチが悪いのではなく

意識の仕方や自分に合わせた強さで行わなかったのが

原因かと思われます。

 

 

 

筋肉をストレッチするとき

例えばハムストリングス(もも裏)を伸ばすとき

どこを意識して伸ばしますか?

 

多くの方は今伸ばそうとしてるところを

意識すると思います。

 

 

なんですが、正解は

ストレッチは伸ばす方に意識を向けるのではなく

縮む方に意識をします。

 

 

片方の筋肉を縮めることによって

拮抗筋(相反する筋肉)が自動的に緩む仕組みです。

 

 

ハムストリングスをストレッチするときは

反対側の太腿の前を縮める方を意識することで

結果ハムストリングスが緩みます。

 

 

そう意識することで

関節をはずしたり、伸ばしすぎたりせず

筋肉のオンとオフで結果的にストレッチできます。

 

 

スイッチが入いる筋肉、緩む筋肉で関節が安定し、

可動域も広がりますよ。

 

 

次回はイタ気持ちいストレッチについて

書きたいと思います。

 

 

 

自分のための時間とお金

 

img_6063-e1542610853222-1024x769

自分の身体の声を聴いて

自分のための時間をつくり

自分のためのお金をつくり

自分の身体を整えること。

 

贅沢なことではなく

当たり前のことです。

 

子どものため

家族のため

仕事のため

が優先になって自分が後回しに

なっていませんか?

 

 

自分の命は誰かのためにあるのではなく

自分が自分を生きるためにあります。

 

 

自分が自分を生きるために

自分の身体をいい状態にしておくことは

大事です。

 

自分が良くなることで

子どもも家族も仕事も

みんな良くなります。

 

そう。

全ての発生源は己から

 

 

ピラティスは調子悪くなって

来るところではなく

 

調子が良い時から

定期的にコツコツと続けていくもの。

 

調子悪くなってから

元に戻すのは大変です。

 

 

 

目と脳と皮膚と

img_6549.jpg

先週の安部塾での学びが

面白かったので自分のためにまとめました。

 

 

脳と目、神経管、皮膚は同じ細胞からできているので

目は脳そのものです。

 

受精卵から2ヶ月の段階で脳の性能が決まっていて

生まれてからは表現の仕方が変わります。

 

桜と梅の木は似てるけど

さくらんぼの種をどう育てても梅にはなりませんが

どんな土に植えたかですぐ枯れたり何百年も咲き誇りますね。

 

脳も同じで、生まれる前に性能は決まりますが

生まれてきてからの環境で表現が変わります。

 

 

今までは運動が身体に効くと思われてきましたが

運動が効くのは脳に効くのであって

運動そのものは身体に効いてないということがわかってきてます。

 

運動という入力をすることで

脳の構造が変わり脳から出てくる信号が良くなって調子が良くなる仕組み。

 

 

患部にアプローチするやり方は時代遅れになってきています。

面白いのは易経は最初からそれを言ってて科学の方が追いついてきたよう。

 

 

皮膚も脳なので皮膚からの入力が可能です。

 

筋肉を押すことは脳ではなく中胚葉にアプローチしていて

あくまで皮膚にアプローチしている感覚が大事です。

 

もちろん筋肉からのアプローチもできますけど

脳そのものにアプローチするときは皮膚からなんですね。

 

 

学びの時はいつもレコーダーで録音していて

何回も聞いてます。

 

 

そう。

目は脳なので

レーシックはやめた方がいいですよ。

目に傷をつけることは脳に傷つけることと同じこと。

わかりますね。

 

その腹筋運動の効果は期待してるものですか?

 

1/17 身体スイッチの主催をしていただいてる

島田和子さんのプライベートレッスン。

 

腹筋についてお話しました。

 

 

腹筋と言うと皆さんがよく想像するのは

シックスパックに割れた腹筋。

 

これは腹直筋といって身体を曲げる時に

はたらく腹筋です。

 

なんですがピラティスで使う腹筋は

腹横筋という体幹の安定のための腹筋。

 

 

体幹を安定させるコアの筋肉は

「骨盤底筋群」「多裂筋」「腹横筋」「横隔膜」があります。

 

コアの筋肉がうまく使えていないと

身体は安定できなくなり腰などに負担がかかります。

 

 

普段の日常生活でも、運動中でも

コアの筋肉が先行して働くことで

手足の運動機能をより発揮しやすくなったり

腰痛の予防になったりしています。

 

コアの筋肉が働くためには

骨盤がニュートラルポジションにあることが大事です。

 

 

腹筋というと前についてるイメージに

思われる方も多いですが

腰のあたりまで腹横筋、内腹斜筋は

ついています。

 

腹横筋のイメージは着物の帯を締めるように

働いていて

ちょっと小さめのズボンを履く時、前のファスナーを上げる瞬間

そんな使い方をします。

 

 

お腹を引っ込めるためにと

シットアップの腹筋運動を行うのは

 

腹直筋には効いていますが

お腹は引っ込みません。

お腹を引っ込めるための腹筋は腹横筋。

 

 

ピラティスで行うエクササイズでは

レッグリフトやクラムなどがおすすめです。

 

皮脳同根

皮脳同根

という言葉知っていますか?

 

 

皮膚と脳は同じ根を持ち

深い関係があり相互に影響し合います。

 

 

 

 

私たち人間はお母さんの胎内で

たった一つの受精卵から

細胞分裂を繰り返し生まれてきます。

 

 

受精卵が分裂を始めた段階で初期は、

 

内胚葉 中胚葉 外胚葉

と呼ばれる3つの層に分かれていきます。

 

 

内胚葉は主に内臓に

中胚葉は骨や筋肉

外胚葉は皮膚、脳神経に形成されます。

 

 

皮膚と神経は同じ外胚葉の部分から

分裂し形成されます。

 

生命としての最初の段階で皮膚と脳は同じところから

スタートしているということなのです。

 

 

ストレス、不安、怒りが

肌の不調としてでてきたり

 

恋をすると

肌が艶やかになったり

 

経験がある方も多いと思います。

 

 

肌荒れは脳のストレスのサインだったりするので

無視はしない方がいいです。

 

 

そして逆に

肌に触れるものを心地よいものに変えることで

脳にも良い影響があります。

 

 

 

優しく手で触れてもらって

あぁ気持ちがいいなぁと感じることで

脳が心地よくなります。

 

 

目に見えるお洋服には気を使っているけれど

履いているパンツはどうでもいい。

そんなことありませんか??

 

 

私は肌に触れるものには特にこだわっており

人に触れる時も特に気をつけています。

 

 

どんなものに触れると心地がいいのか

触れるということにこだわってみませんか。

 

 

 

 

痛みが無くなること、痛みの原因を取ること、痛くならない身体をつくること。

img_4542-1.jpg

 

KANONには腰痛、五十肩など

痛みを感じていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

 

基本は病院で診ていただいた上での

医師の許可のもとピラティスを行うことを

推奨しておりますが

 

 

「病院に行ったのに良くならない。」

という方も多いのが現状です。

 

病院では適切な処置をしてもらい

湿布薬や痛み止めを飲み

痛みを抑えますが

間違ってはいけないのは

 

湿布薬や痛み止めで痛みがなくなることと

痛みの原因がなくなることは

イコールではありません。

 

薬が必要なときはありますが

薬で痛みを軽減してから

 

姿勢を保持する筋肉を強化したり

硬くなりすぎている筋肉を緩めたり

痛くならないように身体の使い方を

変えていくことが大事です。

 

 

なぜ痛くなったのか

その根本を見つけて改善していくことが

必要なんです。

 

 

 

自分の身体への信頼

img_4542.jpg

 

私は20代の頃、エアロビクスのインストラクターをしていました。

 

 

当時は、ピラティスを学びながら

エアロビクスやアクアビクス

バランスボール、アロマレッスンなどを

スポーツクラブで行なっておりました。

 

 

 

健康になるはずの運動でしたが

私の身体は常に腰が痛く

痛いのが当たり前となっていました。

 

 

今ならわかります。

 

 

エアロビクスが悪いわけではなく

アクアビクスが悪いわけでもなく

 

身体の使い方が間違っていて

日常生活も含めてずっと身体に負担を

かけていたことが原因です。

 

 

 

気付いたときには

本屋で立ち読みをすることも

たった少しの距離を歩くことも

 

 

腰が痛く億劫で

腰が痛いのは当たり前

腰が痛くない自分はすっかり忘れていました。

 

 

治療院に行くも

治せないから来ないでくださいと言われました。。。

 

 

 

その後、ピラティスの師匠である

アンディのマニュアルセラピーを受けながら

 

ピラティスの練習を積んでいきました。

 

 

 

アンディは私よりも私の身体を信頼してくれ

私は痛くないという感覚を増やしていくうちに

気づけばフルマラソン走れる私へと変わりました。

 

 

 

アンディが気づかせてくれたのは

自分の身体への信頼感。

 

 

 

私の身体は使い方を間違えてただけで

意識を変え、正しい使い方をすれば

私の身体も変わるということ。

 

 

 

もうすっかり忘れていた

痛くない私を思い出させてくれました。

 

 

 

自分の身体への信頼はありますか?

 

 

長い間の痛みや不調は

いつの間にか当たり前となり

自分のものとなっています。

 

 

姿勢が良くなりたい

いい声を出したい

心も身体もすっきりしたい

不調を改善したい

むくみを改善したい

 

 

そんなこともまずは

自分も変わるという

自分への信頼から始まります。

 

 

そして

そういう自分なんだということを

感じていただくことで

 

 

 

諦めていたことを自分の可能性として

確信していただくことができます。

 

 

私は生徒さんのさらなる可能性を見ています。

 

 

 

自分のことをまず信頼し

そして

私を信じてくださいね。

 

3ヶ月の変化

半年身体サポートコースの

坂内秀洋さん。

 

 

かっこよくなりました。

今日は主に眼のトレーニング。

 

 

眼球の左右交互の動きの刺激が

脳の状態を良くしていきます。

 

 

ビジョントレーニングは眼のトレーニングでだけはなく

脳への刺激です。

 

 

 

私は視力がいいから

関係ないといってる場合じゃないですよ。

 

 

 

眼球を動かす

全身の筋肉がリラックス状態に

ストレス反応消える

 

 

眼球を動かす

後頭下筋群が反応する

棘筋が反応する

全身の動きが協調して動く

 

 

寝てる時に首を寝違えてしまう人も

眼筋と身体の動きが協調してないことが原因です。

 

 

眼筋がスムーズに動くことは

とても大事なんですよ。

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.