痛くない動きを見つける。

モニョモニョ日記

身体のこと

痛くない動きを見つける。

本日はもとこ先生が(小森幹子)のスタジオで

自分のトレーニング。
月に数回プライベートで通っています。

今日も新たな身体の使い方に

衝撃を受けました。
グループクラスもいいけど

私にはやっぱりプライベートが合ってる。
聞きたいこと聞けるし

身体の変化がわかりやすいです。

ヨガでもピラティスでもそうだけど

無理なポーズや動きの練習はダメ。

脳が壊れます。

扁桃体が暴走しDLPFCが機能低下します。

この練習すると痛いんですという質問に対し

もっと練習すれば痛くなくなりますと

先生から言われもっと悪化した生徒さんがいました。
機能解剖学的に間違ってない動きでは

痛くなるはずないです。

痛い動きはしない。

これは15年前からそう教えられてきました。

痛い方が効いてそうという発想は脳が壊れてるから。

痛いときは本当に炎症あって動かしてはいけない時か

ほとんどはインストラクターの教え方が間違ってるときです。

だから痛いの我慢してはいけない。

痛いときはストップが基本です。

そして痛くない場所を探し、その動きを練習する。
もっと大きく動かそうとか

もっと柔軟性を高めようと

パフォーマンスに走ってはいけません。
かたちを真似しようとするのではなく

身体の中で起こっていることが大事。

痛いのは我慢して練習したら痛くなくりますなんて言う先生には

ついていってはいけません。。。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.