筋肉は柔らかい方がいいという迷信

モニョモニョ日記

身体のこと

筋肉は柔らかい方がいいという迷信

土曜日朝クラス。

今日は新しいメンバーも増えて

ワイワイ楽しい時間でした。




身体を動かす上で大事なことは

感覚を磨くこと。

 

 

ピラティスで身体が柔らかくなりますか?

という相談。

 

よく受けます。

 

まず。。。

 

 

身体が柔らかい方がいいということはありません。

いいことなんて一つもないと言っていいくらいです。

 

誰が言い出したか知らないけど

身体が硬いとケガしやすいという迷信?

があるみたい。

 

 

逆ですよ。

 

身体が柔らかい方がケガしやすいです。

なんだそれ?って方は

直接聞きに来てくださいね。

 

 

スポーツの世界でも身体が硬い人の方が

パフォーマンスは高いです。

 

筋肉の本来の役目は伸びることではなく縮むことです。

 

 

ピラティスの練習をしていれば

身体の仕組みを学んで設計図通りに動いていれば

少しずつ安全に可動域は広がります。

 

 

でもね。。。

 

広げるのが目的ではないんです。

 

 

ちなみにストレッチして

気持ちいい〜と感じているときは

脳が壊れてます。。。

 

 

柔軟性は追い求めるものではないってこと。

なんの得もないです。

 

 

私は身体は柔らかいですが

ピラティスで柔らかくなったわけではなくて

生まれたときから。

 

柔らかすぎて、安定を見つけるのは

人よりもだいぶん大変なんですよ。

 

 

筋肉は伸ばそう発想ではなく

伸びるくらいがちょうどいいんです。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.