背骨について

モニョモニョ日記

安部塾

背骨について

開脚前屈。

おしり見える。


昨日のパートナーの松尾佳世子さん。

ポイントは足の外返し、腓骨筋。

 

 

背骨について。

腰が反りすぎてるのが腰が痛いとされてきたのも

昔の話。

 

 

側弯も同じ。

治さなくていいんです。

 

痛みとは関係ないから。

 

ロックしてるのはダメだけど

そのままのかたちでも動くようにすればいい。

 

 

病院行ったら言われますよ。きっと。

 

背骨曲がってるから痛いんです。

 

でも。

物理的な曲がってるというのは

痛みの原因じゃないから。

 

 

それよりも、こうだから痛いと

不安を煽ることの方がよっぽど痛みの原因になります。

 

 

前後の湾曲は衝撃吸収だからと、いいものとされてるのに

左右の湾曲はダメなものとするのは

なんでかな。

 

 

側弯は個性だから、そのまままるごと活かせばいいんです。

 

球技する人なんかには有利にだったりするし

 

無理に治そうとしなくても

痛みはなくなります。

 

 

 

大切なことは

身体を丁寧に扱うこと。

 

 

人は我慢して頑張ると頭おかしくなります。

 

勉強して安心したらできます。

 

 

そして日々見るもの、おつきあいする人たちは大事。

 

好きな人たちと美味しいもの食べに行って

おしゃべりしたり遊びに夢中になってると

痛みもなくなるし諸々上手くいきます。

 

 

痛いのが当たり前になってると

 

痛くないが思い出せないってのも

私は経験したのでわかります。

 

だけど

 

学ぶだけで、本当に一気に痛みは取れるから。

 

 

痛くないが当たり前の世界は誰にでもあるの。

 

痛みはファンタジーなんです。。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.