体操座り。。。

モニョモニョ日記

身体のこと

体操座り。。。

日本人は身体操作に長けていたので

強かった。

ということを知ってから

興味を持って調べていたら

体操座りについて教えてもらいました。

小学校、中学校ではおきまりの

体操座りですが

戦前は日本人が地べたに座るときは

正座かあぐらでした。

ところが戦後GHQによって

今後日本人が立ち向かってこないようにするための

日本弱体化計画が実施されたときにさせた座り方が体操座り。
GHQは日本人を徹底的に研究し

日本人の強さの根源である腹(コア)を弱体化させようとしたようです。

いわゆる洗脳教育を推進させるため。

体操座りはナチスドイツが開発した座り方で

囚人座りとも言われてるみたいです。
体操は背中のS字カーブをなくさせて

尾骨を丸めさせ、首をうなだらせて、

顔の表情も下がり、呼吸も浅くなり

何も考えられない身体になるように

なってます。

結果、足腰弱り上から指示を待つ人の出来上がり。
どうしたら

いいんでしょう。。。
学校では仕方ないけど

うちではさせない方がいいですね。

正座やあぐら座がいいです。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.