靭帯とは

代表ブログ

身体のこと

靭帯とは

靭帯とはものすごく強いバネのようなもの一度伸びてしまうと

戻ることはありません。

 

捻挫などで伸びてしまったら

周りの筋肉を鍛えましょう。

 

靭帯がなんのためにあるかと言えば、

関節の機能のためです。

 

関節がグラグラしたり、脱臼したりしないように安定させるためです。

 

 

もし靭帯が伸びてしまっても

関節が安定できれば大丈夫。

 

 

関節を安定させているのは

靭帯だけでなく

筋肉や神経も関係あるし

全身のバランスが安定していれば結果的に関節の安定性が保たれます。

 

 

私も右足は捻挫しまくって

グラグラでしたがだいぶ安定してました。

 

 

何度もレッスンでお伝えしておりますが

足首を回すと靭帯が緩みます。

 

 

足首が緩むと安定性がなくなり姿勢が保てなくなります。

お気をつけくださいね。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.