時間=命

代表ブログ

katsu塾

時間=命

日々日記 10/20〜21

 

午前中は、noriko’s身体サポートコース

加奈子さんのレッスンでした。

 

身体の変化に合わせて

表情も明るくなり出てくる言葉も

変わってきています。

 

この日は、足の爪の切り方を

お伝えしました。

 

爪の切り方を変えるだけで

立ち方も変わりますよ。

 

 

 

午後からはピラティスジャパンの

養成コース生が勉強の一環で

学びにいらしてくれました。

 

初めましてでしたが

真摯に学ぶ姿はかっこよく見えます。

 

 

感想をお聞きしたところ

ひとつひとつのエクササイズを

丁寧に見てもらえたので

この1時間で成長できたように感じる。

 

とおっしゃられました。

ありがたいです。

 

夕方からは男塾4期でした。

弟子たちも共に学ばせてもらいます。

 

 

物質とエネルギー、精神の話。

 

私は身体のことを知りすぎたが故に

わからなくなっていることがあると。

katsuさんの話は難しい。

けれど、わからないから面白いの。

 

 

この世に生まれ死に向かいながら生きる私たち

超えていくのは昨日の自分であって

比較するのは誰かではない。

 

私もなにかの礎となるように

なにかを残し、実をうみ

魂を燃焼させ生き切ったという生き方をしたい

 

と熱い想いが溢れてきました。

 

男塾ではkatsu塾生が

夕食を作ってくれます。

同じ釜の飯を食う仲間です。

 

 

 

誕生日会のようなパーティメニューに

お鍋にとても美味しかったです。

 

 

 

夕方後も学びは続き

終わったのは夜中3時。

 

 

katsuさんも弟子勉強会で話す内容と

おっしゃられてた通り

とても難しく、とても深く、

頭はショートしそうでした。

 

 

 

2日目は場所を変えて

 

 

生きる学びから

判断力

時間

 

生まれて死ぬまでが

一回の人生の時間。

 

仕事をしているときも

休んでいるときも

家族と過ごす時間も

すべて自分の時間ということ。

 

時間=命なのです。

 

 

何度も聞いた『他が為にある』ということ

 

 

誰かのために生きること

それが自分の為になる。

 

 

自分自身を良くしていくことが

誰かのためになる。

やっと腑に落ちてきました。

 

 

 

 

夕方からは男塾説明会

 

説明会という名の

真の学びの時間でした。

 

 

自分の頭の中での

これは必要、これは必要でない

これは好き、これは嫌い

これは正しい、これは間違ってる

で判断するのは本当にもったいないです。

 

それは自分の頭の中で見えてる

自分の知ってる世界でのことだから。

 

 

知ってる世界よりも

知らない世界の方がとても広く深い。

 

 

だから

一回真っ直ぐに

素直になって受け止めて

そこを超えたところで判断することで

昨日の自分を超えていくことができます。

 

 

本氣の男達が真剣に学ぶ姿は本当にかっこいい。

 

たった一度の人生

生き切ったと言って死にたい。

 

私はまだまだぬるい。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.