西油山ハイツクラス

モニョモニョ日記

本日のレッスン

西油山ハイツクラス


今日はヨガアナトミーの本を解説しながら

前屈の練習。

解剖学の本を見て

筋肉がどこからどこまでついてて

どことどこを近づけるとか
拮抗する筋肉を縮めることで

反対の筋肉が伸びるとか
イメージ出来ると

あっという間に上手くいきました。


ただ闇雲に練習しても

絶対到達できないところまで

勉強すれば簡単にいけるます。

賢くなるって素敵〜。


腰も痛くないし、こわくない。

もも裏もピキらない〜。

と。
今まで前屈は痛いものだと

思ってたけど

気持ちがいいーとみなさん言われてました。
もも裏ふわふわ。
膝を伸ばして無理やりハムを伸ばそうと

してはいけません!

そりゃあ力づくで伸ばしたら痛くなりますよ。

痛みは筋肉をより硬くします。

もも裏や膝は伸ばさないといけない。

と思ってる人は

痛くなるまで延々と伸ばし続けます。

無意識に働く頭の中のスイッチ。。。

これは筋膜に記憶されてる感覚が覚えているからなんです。
頑張らねばならないというスイッチ

痛くなるまで頑張らないとというスイッチ

よく出来たねと言われたいスイッチ
頑張ることを良しとすると

自分で自分を破滅させていきます。
安心感に包まれる身体の使い方を学び

練習していくと

あーそういうことかと腑に落ちるときがきます。
前屈は自分を大切にするとはどういうことなのか

深いレベルで知ることができるんです。
楽しいよ。

膝のお皿を引き上げるワークもしました。

膝はうしろに押すものではなくて

引き上げるものです。
ワークをすると

なんとなく守られた感じ
膝が痛くない
と。

地味だけど、膝が過伸展してしまう人

膝の痛みがある人にはオススメです。
そしてこうやってペアワークすることで

あぁでもない、こうでもないと

ワイワイ触り合い

より身体に詳しくなれます。

来月は3月23日に伺いまーす。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:080-3985-5681
Copyright(c) 2015-2017 KANON Allright Reserved.