思うこと&つぶやき

代表ブログ

あたたかな一日。

10月13日

大好きだったばあちゃんが眠りにつきました。

 

 

先月会った時もとても元気でしたので

突然のことで正直信じられなかったし

びっくりしました。

 

 

特に体調が悪かったこともなく

前日まで普通に過ごし

朝起きた時には眠っていたそう。

 

 

苦しまず、前日まで普通で

夜、寝ている間にじいちゃんと一緒に

一生を終える

 

こんなに幸せなことはないと思います。

 

 

少し前から認知症になり

亡くなる前はずっとじいちゃんと共に過ごし

よく旅行にも行ったりしていました。

 

 

ばあちゃんが笑って最後を迎えることができたのは

じいちゃんのおかげです。

 

 

身内が亡くなるのは私にとっては

初めてのこと。

 

 

お通夜でお顔を見ても

とてもきれいでいつものように

眠っているよう。

 

今にも起きてくるのではないか

と見えていました。

 

 

祖父の手作りの化粧水を使っていたばあちゃん

 

肌きれいすぎてプールで

化粧を落としてくださいと注意されたことも

あると聞いてます。

 

 

私の肌がきれいなのも遺伝なのですよ。

 

 

孫は私と妹だけだったので

たくさん可愛がってもらい

おしゃべりが好きでいつも笑顔でした。

 

 

お通夜、お葬式は親族のみで

ゆっくりと過ごし

とてもあたたかい時間となりました。

 

 

この家族、親族の中で安心して育った私は

本当に守られていてありがたいなぁと感じた2日間。

 

 

最期のお別れはとても穏やかで

優しくゆっくりとしたもの。

 

 

この日、感じたことを胸に

一日一日成長する姿として

私らしく前に進みます。

 

うしろにあるもの

img_4934.jpg

私たちは人から物を買い

人から学び

人からサービスを受けています。

 

物を買ってる

知識を得てる

サービスを受けてる

 

その物やノウハウ、サービスだけを

買ってると思ってる人もいるかも

しれないけれど

 

それは本当にもったいない。

 

 

物やことばにはその人の背景もが

乗っているといるんです。

 

人を感じ、背景を感じ

歴史をみることができると

それはとても厚みのあるものとなります。
 

技術だけノウハウだけ知りたいのなら

私ではなくていいかもしれないし

 

そもそもそれは知ってるから

わかっているから、他で習ったから

必要ないのかもしれないです。

 

 

人の後ろにあるもの、物の後ろにあるものを

感じとっていくことで

 

より学びを深めることができ

人生を深めていくことができます。

 

 

必要なものと欲しいもの。


ターバンを買いました。

 

 

欲しいと必要は違います。

似ているようだけどぜんぜん違うこの2つ。

 

 

自分らしい人生をつくっていく上では

この違いを理解しておくことは

とても大事です。

 

これは欲しいものなのか。

これは必要なものなのか。

 

自分を活かす上で必要な学びや物に

お金を使っていくとどんどん良くなっていきます。

 

 


ファッションも自分を活かすためのオプションパーツだから。

 

身体のこともそう。

身体を整えることも自分を最大限に

活かすためには大事。

 

 

必要なものは何か。

もう一度考えてみるといいかもです。

 

私の頭の中。

私の頭の中はシンプル。

頭の中はとても静か。

 

 

 

昔は、ごちゃごちゃと散らかってたときも

あったけれど

 

いつの日か

すべては大丈夫だよ。

 

と肚から思えてからは

とても穏やかで楽になりました。

 

 

大丈夫だよとは、

 

失敗しないから大丈夫なのではなくて

失敗しても大丈夫。

 

何を選び何をしても大丈夫。

何がなくなっても大丈夫。

 

 

いいんじゃない?

だってどっちにしろうまくいくのだから。

 

大丈夫じゃないことなんてないのだから。

ということ。

 

 

 

だいたいこの世界に失敗なんてものはなくて

ただの経験です。

 

 

失敗はダメなことではなく

経験がひとつ増えたというだけで

良いも悪いも特にないお話。

 

 

それを、

こうしたらどうなるかな?

これをしたらどう思われるかな?

こうなったらどうしよう?

間違ったらどうなる?

とあれこれごちゃごちゃ考えてると

 

頭の中はとても忙しい。

そして、その割になんの発展もない。

 

 

遅刻しても大丈夫。

電気代払い忘れても大丈夫。

財布が無くなっても大丈夫。

彼氏と別れても大丈夫。

約束を忘れても大丈夫。

 

 

だってどうにかなるから。

 

人は前向きなものだという大前提があります。

 

 

どんな状況のときであっても

よくなるように進んでいて

どんな状況のときであっても

100点のわたしなんです。

 

私と一緒にいたら

なんとなく伝わってくると思います。

 

同じ状況であっても愉しく日々を

過ごせるようになりますよ。

 

 

レッスンでもお茶会でも

是非会いに来てくださいね。

 

やる気を出さないといけないのか

本気で向き合うことに

やる気も気合も要らないんです。

 

 

わざわざ宣言するくらいなら

ただ淡々とすればいい。

 

頑張って通います!

って言いにくる人ほど続くのは難しいみたい。

 

 

宣言しなくとも

日々実践していけば変われるの。

 

 

目的地に向かうのに

誰かに聞いてもらう必要もないから。

 

 

気合入れちゃうときって

出来ない自分が前提にある。

 

 

出来ない前提だからうまくいかない。

 

 

モチベーション上げよう!

やる気だそう!

気合い入れていこう!

 

そう思った瞬間

マイナスの世界へ一直線。。。

 

 

自分を信じれてないんです。

 

 

モチベーションなくても

できることは普通にできるから。

 

 

上手くいくのが普通。

 

普通にできることを

普通にやっていると

普通に上手くいく。

 

 

上手くいくことが普通なんです。

知るだけです。

 

 

やるべき事をただ淡々とする。

それだけでいい。

 

自分が前ということ。

 

いろんな顔のわたし。

 

 

 

 

img_1814-5.jpg

私が私であるなら

何をやっても全て私。

 

表現として出てくるものは何でもいいの。

 

だって私がやっているから。

 

 

〇〇をしている私

ではなく

私が〇〇している。

 

 

この違いはとても大きい。

 

 

〇〇しているから

〇〇の資格があるから

〇〇ができるから

〇〇という立場だから

 

だから私なのではない。

 

 

私だから〇〇をする!

私だから〇〇できる!

 

 

すべては自分が前なんです。

 

 

 

いろいろな職業がたくさんある

その中から
自分に合ったものを選ぶのではなくて

 

 
自分がやることに名前が付き

それが仕事になっていく。

私は私がやることを

たんたんとやっていくの。

 

 

それが私の仕事であり

私の生き方。

 

私の命の使い方。

 

あ、名刺は無いです。。。


名刺はありますか??

年に数回聞かれます。

 

ん〜。

数回しか聞かれません。。。笑

 

 

私が名刺を持たなくなって数年。

 

 

今のところ持つ予定はないです。

 

 

 

〇〇の資格を持ってるわたし

〇〇をしているわたし

〇〇という立場のわたし

 

そんなことでわたしを選んでもらっても

嬉しくもないんです。

 

 

管理栄養士という国家資格も持ってるし

ピラティスもライセンス持ってるし

スタジオの経営者でもある

 

 

そんなことよりも

わたし自身を見てほしい。

 

 

わたしを好きと思ってくれる人がいい。

 

肩書きはわたしを見たまわりが決めてくれるものだから。

 

 

逆に名刺をいただいても

わたしが興味あることは

名刺には書かれていないんです。

 

 

あなたがどんな人か

それはどこの会社でどんな立場の人か

そんなことはどっちでもいいとうか

わたしにはわかりません。。。

 

ありがたいことに

 

わたしのクラスに来ていただいてる方たち

わたしとおつきあいのある方たち

 

 

みんなわたし自身を見てくださってます。

わたしのことが好きで会いにきてくれます。

 

 

名刺を持つ持たないの正しさはわからないけれど

この時代コンタクト取りたければ

どんな方法でもありますしね。

 

 

 

これからの時代

 

どんな肩書き持ってるかよりも

どんなスキルやテクニックを持っているかよりも

 

わたしの在り方、わたしの内側にあるもの

そんなことが大事なんだと思います。

 

正しさが真実ではない。


先日の倉富康恵ちゃんとの

お茶会のとき

悲しみを背負って生きるということを

一緒に話した。

 

それから、いろいろなことが

頭を巡って。。。

 

昔は、昔は冤罪だとわかっていたとしても

上からの命令だったら首を落とさないといけないときもあった。

その自分が首を落とした人の悲しみも

背負って生きないといけない。

だけど、悲しみを背負うことで

もっと大きな自分、優しい自分がいる。

 

だから。。

自分からそうするのもありだ。

 

現代では首を落としたりはないけど

実家を離れるときとかそうだよね

と話した。

 

 

正しさとは何か。

正義とは何か。

 

私たちは、正義感を持って

正しさを選ぶ。

 

けど。。。

よくよく考えてみれば

 

正しさは

時代が変われば変わる。

 

正しさは

国が変われば変わる。

 

 

だから

正しさを追い求めると

間違う。

 

 

正しさを追い求めれば

悪が出てくる。

 

悪もまた

時代が変われば変わるし

国が変われば変わる。

 

この世から悪がなくなることはない。

 

 

善も悪も同時に存在するこの世だし

善は悪であり

悪は善だったりもする。

 

悲しみもそう。

この世の悲しみ。

悲しみも自分であり

 

その中に

幸せもある。

 

正しさとはなにか。

正しさは真実ではない。

 

 

自分の中の正しさで

人を裁くのが人生でもないし

悪を正しいに変えて行くのが人生でもない。

 

この世の真実を知り

歴史を学び

どう命を燃やすかが

自分の在り方。

 

わたしは

まだ学びの途中。

 

 

 

きれいになりたい。


きれいになりたい。

きれいな人が羨ましい。

あの人はきれい系。
きれいって

なんとも曖昧な言葉だなぁ

と思う。
そしてきれいになりたいと思った瞬間

自分はきれいじゃないが前提になってしまう

。。。

みんなそれぞれに魅力があって

肌がきれいだとか

目が力があるとか

鼻がシャープとか
同じもののなかでも

輝くものがあるのにね。
赤ちゃんみて

あら〜お鼻がくちゃっとして可愛い

ちっちゃな目が可愛い

唇がプクプクして可愛い

って
何もかもが可愛く見えてたはず。
女の子はみんな可愛くてきれいなの。
いつの間にか

目はぱっちりがいい

整った顔立ちがいい

外国人風がカッコいい

なんて言い始める。
誰かがつくったビジネスのための

常識にのるのはもったいない。

きれいになりたいを唱えている間は

一生きれいにはなれないんです。
きれいなるヨガとか

流行ってたけど
きれいになりたいと

思ってたら

通ってもきれいなることはないよね。
きれいな私が行くのはいいけど。

ヨガやピラティスに

きれいになる魔法はないです。
そして

魔法はないと知ったら

魔法にかかれます。

 

孤独な人


半年前。。。

katsu塾始まってくらいから

自分自身が変わっていくと同時に

お付き合いする人たちや会社が離れていきました。

自分から離れたり、自然にそうなったり、

相手から言われたり。。。
あまりの変化のスピードと人が離れていくという現実に

私は1人になっちゃう。。。。

という不安になってたのを思い出した。
そのとき、相談したある方から

教えてもらったこと。

『人はもともと孤独なもの。

誰かと一緒にいる時さえも

人は1人の人としてあって

孤独なもの。』
そのときは、ぜんぜんよくわからなかったけど

今はよくわかる。

孤独とは

寂しい人

独りぼっちな人

仲間がいない人

ではなくて
自分をしっかりもって

自分が自分であって

自分を生きている人のこと。
みんなが思ってる孤独は

孤立。

孤立してる人は

自分がないから

誰かと一緒にいないと安心しない。

誰かがいることで自分でいられる。

だから、いつも寂しいと感じるし

独りぼっちだとしてしまう。
人はもともと孤独なもの。

1人でいても、誰かといても

寂しいとか、独りぼっち感はなく

自分は自分として立っていられる。
孤独はカッコいい。

孤独の中で目に映る景色は深みがあり

喜びに満ちてる。

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.