沈黙 サイレンス

のりこの生態

映画、本、番組の感想など

沈黙 サイレンス

E64B25ED-3439-4ACB-A6FB-029FE0E94E1A

17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる

師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペの話

 

2人は旅の途中出会ったキチジローという日本人に案内してもらい

長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自分たちの信仰心と向き合っていきます。

 

 

キリスト教の教えに従い行動するも、布教すればするほど弾圧され、

苦難が増えるばかりか、周りの人をも苦しめていく現実がありました。

 

 

そしてギリギリの心理状態の中で、神とつながり、幻覚のなか

心の奥底で聞いたのは

 

「踏むがいい、私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、

お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ。」


「私は沈黙していたのではない。一緒に苦しんでいたのだ」

 

という神の言葉

 

 

 

心の平安は自分の外側にあるのではない。

心の奥底に潜り込んだ静寂の中にこそあるのだと感じました。

 

 

キリスト教であろうと、仏教であろうと、ロドリゴや長崎の百姓たちのように

自分の外側に明確な形として神を見出そうとすると、

神は「沈黙」し、その神への思いは裏切られます。

 

 

じっと心を澄ませて、自分の中を見ることで、神を感じれるようになる。

神は「沈黙」の中にこそ宿る。

 

 

神が常に自らと共にあるのだと感じることができれば

それこそが神でなのです。

 
精神的に追い詰められた状態の中で、ロドリゴが絵を踏むことができたのは

神は常に共に自分の側に寄り添ってくれている

そんな安堵感を感じたからこそだと感じました。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.