代表ブログ

代表ブログ

冷え性対策に

 

この日は東洋医学講座でした。

今回のテーマは冷えと血流。

 

冷えに対してのアプローチはいろいろありますが

一番のおすすめは足湯。

 

足湯の目的は全身の血流改善。

週に5日以上20分間

続けてみてください。

 

1ヶ月後には少しは改善してくると思います。

 

ちなみにお風呂入ってるから。と思われるかもしれませんが

全身浴、足湯、腰湯それぞれに影響は違うのです。

 

 

できるときにやってみます!という方いますが

ときどきやっても冷え改善の効果としてはあまりないので

やると決めて続けてやることをおすすめします。

 

 

もし、足が濡れるのがめんどくさい!

という方がおられましたら。。。

 

道具もあるのでお声かけくださいね。

 

 

身体をあたためる食べ物を少し。

①生姜

生姜に含まれるジンゲロールに熱が入るとショウガオールになり

ショウガオールがあたためる効果があります。

 

ジンゲロールには身体を接したものを冷やす働きがあります。

喉を通るときにヒヤッとしますよね。

 

林先生の初耳学で生姜は熱を入れて食べないとダメと言ってたそうですが

胃には胃酸があり熱を出すので

十二指腸に届くときにはショウガオールになってるので

熱は入れなくてもあたためますよ。

 

 

②玉ねぎ、ニンニク、ねぎ、ニラなど

硫化アリルに温める効果があります。

 

③ヌルヌルの芋

とろろ芋などですね。

ジオスゲニンという成分が身体をあたためます。

 

④みかんの皮の白いとこ

ヘスペリジンという成分、不溶性繊維です。

吸収が悪いのでお茶を一緒に飲むと吸収しやすくなります。

 

 

この勉強会では日常の中でできる身体を快適にするためのポイントなども

お伝えしております。

 

講師の田村先生には10年以上もKANONができる前から

毎月来ていただいております。

 

10年聞いても面白い話を皆様にも聞いて欲しいなと思っております。

 

 

次回は免疫。

一緒にいかがでしょうか?

 

免疫を高める身体づくり 

 

毎月開催している東洋医学の勉強会

次回のテーマは『免疫』です。

 

コロナウイルスに、花粉症に気にされている方も

多いのでしょうか

 

ウイルスも花粉症もアレルギーも免疫が関与しています。

 

 

ウイルス対策に必要なことは何か特別なアイテムではなく

自分の身体をどれだけ強くしておくか、どれだけ良い状態にしておくことが大切です。

 

 

パニックになっている人ほど日頃の自分のケアを何もしていませんからね。

 

この勉強会では

免疫とは何か、どうすれば高まるか

日頃どういうことができるかなど学んでいきます。

 

自分のため、家族のために学びにいらっしゃいませんか?

 

 

[詳細]

3月13日(金)

13:30〜15:30

 

料金 3000円

 

講師

田村 弘一先生

一般社団法人日本予防医学アカデミー学長

 

自然という美しさ

 

火曜日は安部塾の日。

この日のテーマはお膝、そして外旋筋。

 

手を組み合っているのはお膝がどうなっているかのイメージ。

手は腓腹筋とハムストリングです。

 

この日も膝下のスネの捻り。

 

 

軸を間違うと全然違う動きになるので難しいですね。

 

 

次に股関節。

 

 

お腹を安定させて動かしていきます。

 

うつ伏せでするときはブロック2つ挟むとミスしないです。

内閉鎖筋、骨盤底筋が働きます。

 

 

骨盤底筋が働くので胸腰筋膜、鋸筋も働きます。

内閉鎖筋は外旋六筋のひとつで外に捻る筋肉。

 

内閉鎖筋は骨盤底筋に接続しています。

ピラティスでクラムをするときに骨盤底筋が引き上がっていくのはこのため。

 

昔、お尻の穴を締めてという誘導が流行ってましなが間違ってますね。

 

 

クラムでは骨盤底筋と脚の外旋を連動させるから意味があるのであって

パカパカ開いて捻ってなければ意味がありません。

 

開脚ブームで間違ってやってた人たちケガが続出でしたしね。

まぁ開脚ができることにメリットはありませんから。

 

 

大事な内閉鎖筋、わかったところでどうにもならないので地味に練習するしかないですが

意味わからずやるよりかはわかってやる方が愉しいです。

 

 

生活の動きの質が変わりますよ。

 

筋肉は縮むために伸びます。

 

伸ばすばかりやってると戻らなくなります。

 

スポーツでも野球のバッティングやゴルフなどでも

内旋で力をためて外旋で力を発揮することができるようになります。

 

 

膝の過進展のある人はハムが使えていないことが多いです。

私もこういうのやっているとお膝が安定して安心感が出てくるのですよ。

 

 

内閉鎖筋と骨盤底筋の関係

呼吸の関係をもうちょい研究しようと思います。

 

 

わかりそうでわからなそうで

どうなっているんだろうと考えているとき

感じようとしているときが一番愉しいんですよね。

 

 

人は自然の一部なので

特別なすごい動きができることよりも

よりナチュラルな美しさを追求したいです。

 

舌の講座開催しました

土曜日は午前と午後とグループクラスの日。

 

そして、しばらく前までやっていた

解剖学講座をまた復活することにしまして

第一回はテーマは『舌』

 

舌だけでも1日語れるくらい奥深いですが

今回は実技メインで行いました。

 

終わってからは身体の小話や

身体以外のこともいろいろと。

 

また来月からも開催することにしました。

 

 

また決まりましたらご案内いたします。

 

マンモス展行ってきました!

 

ギリギリ行けたマンモス展。

永久凍土で発見されたマンモスたちの

冷凍標本での展示でした。

 

 

 

ユカギルマンモスの前では

かなりの時間足が止まりました。

 

歯茎のこと、マンモスは60〜70歳まで

生きること、などいろいろ教えてもらいました。

 

 

 

ゲノム解析でマンモスを蘇らせる事は

もうできるのでしょうね。

 

 

そしてそこから、学ぶことはあるだろうし

研究の意義はありますしね。

 

 

それをするのか、しないのか。

絶滅種の再生は可能かということにばかりではなく

再生した生物をどう扱うかは大事です。

 

絶滅になった原因の自然の生育環境で生きるのは難しく

餌のとり方などを教えてくれる頼りの親もいない

 

結果、研究に使われるだけの命とななるのがわかっていながら

復活させるのは人間の利欲のためなのか。

 

 

なんてことも考えました。

 

 

生命科学ってやっぱりおもしろい。

 

 

ランチは博多駅に移動して

サラダランチ。

 

ベジバルキュウシュウ

 

モリモリサラダはベースのサラダにトッピングしてオリジナルサラダにしてくれます。

また行こう。

 

月のリズムと冷えと血流

 

月に一度の東洋医学のお勉強会。

 

2月のテーマは

『月のリズムと冷えと血流』

 

 

冷えを感じている女性は多いように思います。

 

 

足先が冷たくありませんか?

いつも身体が冷えてませんか?

 

冷え症は言い変えれば

血行不良です。

 

 

 

原因はさまざまで

 

運動不足、食生活、

自律神経のバランスの乱れや

内臓、筋肉の働きなども

関係しています。

 

 

しかもストレスが溜まると

さらに冷えるという悪循環!

 

 

 

冷えをほったらかしておくと

肌荒れや頭痛、腰痛など身体の痛み

むくみなどにも繋がりますよ。

 

 

こんな方は要注意

・寒いわけでもないのに手足が冷たい。

・布団に入っても手足が冷えて眠れない。

・お風呂に入ってもすぐに手足が冷えてしまう。

・厚着をしても体が冷える。

・便秘や下痢になりやすい。

・何をしても痩せない。

 

 

 

今回は冷え症をテーマに

それぞれにあった解決策を提案いたします。

 

 

冷えは万病のもと!

是非ご参加くださいね。

 

 

 

冷えは気にならないけど

月のリズムと身体への影響に興味ある方も

お待ちいたしております。

 

けっこうおもしろいんですよ。

 

 

 

《先着20名さまに特別特典》

お月さまカレンダーもう1冊もらえますキャンペーンやってます。

 

毎年人気の完全オリジナルカレンダーです。

こちらも是非よろしくお願いいたします。

 

 

【日時】

①2月25日(火)

14:00〜16:00

 

 

 

料金

3000円

(健康コンシェルジュ受講生 1000円

 

担当

田村 弘一先生

一般社団法人日本予防医学アカデミー学長

 

 

 

お膝を守るトレーニング

 

火曜日は安部塾の日。

この日のテーマはお膝。

 

復習になるからまとめてね。というリクエストあったので

いつもより丁寧めです笑

 

 

お膝もそうですし、他の関節もそうですが

正しく使えば一生壊れることはありません。

 

 

正しく使うとは身体の設計図通りに動くこと。

 

 

設計図通りに動くことで、最小限の負荷で動かすことができるし

ダメージは少ないです。

 

 

正しく使わないと1回で壊れることはありませんが

何回も何回も繰り返すうちに壊れていきます。

 

 

道具もそうですよね。

本来の正しい用途で正しく使わなければ壊れます。

 

[膝下の動き]

膝下の軸は脛骨側にありますが意識をしにくいので

スネを捻るイメージで行います。

 

腓骨は足首のコントロールで調整の役割です。

 

内側に10°、外側に30°まわります。

 

このとき半月板が働きますが

調子が悪い人は内側に思いっきりいって外側にほとんどいかないです。

 

 

十字靭帯は止めるための構造で安定の役目があります。

 

 

膝下を動かしていくときのポイント

可動域を広げようとするのではなく

正しい動きを覚えさせよること!

 

 

つい大きく動かそうと頑張ってしまいそうになりますが

 

N o Noです!!

 

 

 

ほとんどの十字靭帯の断裂は内旋時に起こることで

前十字靭帯を痛めてます。

 

 

内旋が行き過ぎる原因はお尻が使えていないということ。

 

 

お尻の外旋能力が発揮されないたので膝でなんとかしようとしてます。

膝を守るためにもお尻を鍛えることは大事です!

 

 

座ってやるとやりやすいですね。

もも裏を触っているとハムが働くのが感じられます。

 

内と外のハムの使い方は均等かチェック!

 

 

もも裏使うので膝が安定しますよ。

 

 

 

 

お尻の働きが大事ということで

[股関節の動き]

img_5760.jpg

股関節は20°内転し、80°外転します。

膝を守るためにお尻とお腹を使うことが大事です。

 

img_5737.jpg

股関節を90°、膝を90°曲げた状態では内旋50°、外旋40°動きます。

 

 

外転が得意で外旋が苦手な人はよくケガをする傾向があり

外転が得意ではないけど外旋が得意な人はケガをしにくいそう。

内転得意なのに内旋が苦手な人もケガしやすいです。

 

 

外転、内転は関節が外れやすく

外旋、内旋は捻っているだけなので外れようがないので

 

捻りの練習が必要なのです。

 

 

ピラティスではクラムの動きがそうですね。

 

 

これらエクササイズ、膝が安定するので

膝を伸ばす癖のある人にもいいですね。

 

私は基本柔らか過ぎるので止める練習

硬い人は大きく動かすことよりも正しく回数やること

 

同じ動きの中でテーマは違いますが、みんなに果ありますね。

 

 

✴︎すごいと思われるためにやってはいけない✴︎

ピラティスをする方にはいませんが

このヨガのポーズをしたい!

あのすごい動きをしたい!!

 

と思ってインストラクターのマネをしたり

生徒さんにすごいと思われたいので奇抜なポーズを

やって見せたりしていると

 

まぁケガをします。。

 

傷み止めを持ち歩いているヨガインストラクターなんて

普通にいますからね。

 

 

人は自然の一部。

自然にに動いている動きを選択すると壊れません。

凄いと思われる動きは自然ではないので壊れやすいです。

 

なので特別な動きは目指してはいけないのです。

 

ピラティスでも伝えてますが

正しく動く練習が必要なのもそこで

 

より大きく動くことが目的ではなく

正確にやることが大事なのです。

 

そのためにもまずはどこが正解なのかを知らないとですね。

 

 

✴︎人間がなぜ他の動物に比べて進化したのか✴︎

人間は他の動物に比べて遥かに早く進化をしてきました。

 

その理由はマネをするようになったからです。

マネをすることで何十年、何百年かけて積み上げてきたことを数秒で知ることができます。

 

何をマネをすればいいかというと

たくさんの情報があるなか選ぶべきは先人の知恵

 

だれかが考えた特別なやり方とか最強のなんとか方に走ってはいけないのです

 

 

私たちには解剖学書があります。

 

この筋肉はこういう働きがあります

この関節はこう動きます

など全部書いてあるますので、そこを基準にすれば

間違いませんね。

 

 

ちなみに

私は右の股関節外旋が苦手のようです。

 

側弯があるので骨盤の傾きがあるのが影響してるのかもです。

いろいろ繋がって面白いです。

 

苦手なことや出来ないことを知ることは

まだまだ伸びしろがあると知ることですね。

 

 

一緒に学びたい方 come on❤︎

実際にやってみたい方もcome on❤︎

 

お待ちいたしております。

 

 

 

KANONグループクラス

土曜日グループクラスの様子。

KANONのグループクラスは超少人数クラスです。

 

少人数クラスと呼ばれるクラスはあちこちでありますが

スポーツクラブなどで行われる30人ほどのクラスに比べると

10人のクラスは少人数ですからね。

 

 

私たちのグループクラスは6人まで。

 

 

なんですが、私にとって6人はちゃんと見れないので

基本人数増えてきたら、クラス分裂させるので

だいたいMAX4人ほどです。

 

 

人数多いと少し間違えていても

手が届かなかったりしますからね。

 

ちゃんと見てもらえるグループクラスなのですよ。

 

 

 

大好きなチャイを

img_5595-1.jpg

 

img_5600-1.jpg

 

チャイ専門店で大好きなチャイ♡

薬院にあるチャイティーヘロンさんへ。

 

アパートを改造した隠れ家的なお店でした。

店内はとても落ち着いていて静かでしたよ。

 

 

カシアとセイロンシナモン

2種類のシナモンのチャイを

飲み比べました。

 

 

よくわからず

チャイティラテと

セイロンチャイラテを頼み

あとでどう違うのかを尋ねるというね。

 

 

カシアとセイロン、シナモンの種類が違うそうです。

img_5602.jpg

img_5598.jpg

「おいシナどうぞ。」

とシナモンも持ってきてくださりました。

 

 

セイロンシナモンはスリランカ産で

甘く爽やかで上品な感じ、繊細な香りでした。

 

 

カシアはベトナム産

濃厚な甘い香りとスパイシーな香りでいわゆる知ってるシナモンという感じでした。

 

香り比べるとはっきりわかりますよ。

 

 

シナモンに種類があるなんて知りませんでしたから。

 

スパイスのこと教えてもらったり

作るとこ見せてもらったり

私の世界の広がったお店。

 

 

他のも飲みたいので

また行きますよ。

 

お寿司食べに行って来ました

KANONでもレッスンしていただいてる楠森先生と久しぶりのランチをしてきました。

 

楠森先生との出会いはスポーツクラブ時代

まだまだデビューするかしない頃から。

 

ずっと仲良くしていただいている

前を進み続けてくださる先生。

 

 

お誘いしてもらいお店も決めていただき

伺ったのは、鮨 木島

http://sushikijima.jp

〒810-0042 福岡市中央区赤坂3丁目12-9

 

 

お店の雰囲気がすごく素敵で可愛いのです。

こだわりの器や壁も焼き物で全部素敵。

 

やま中で20年修行されたそうです。

 

食べれない食材のある私にも優しくしていただきありがたかったです。

全部すごく美味しかったですよ。

 

お料理作っているのを見るのも愉しい。

 

 

お土産用のスペシャル巻物も写真撮らせてもらいました。

見たこともないくらいの贅沢な巻き寿司でしたよ。

 

 

 

 

お店の雰囲気やお店の人もとても良くて

心も満たされる時間でした。

 

また行きたい。

夜も行ってみたい。

そんなお店。

 

好きなお店がまたひとつ増えました。

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.