代表ブログ

代表ブログ

点と点がつながるおもしろさ

午前中はあすかちゃんがレッスンに。

あすかちゃんはアーティスト

スタジオのカウンターの上に飾っている作品を作ってくれました。

 

 

 

午後からは安部塾。

今日も膝下の捻りと股関節。

 

 

まずは膝下の捻り

足首ではなくハムを使って動かします。

 

 

次に股関節

仰向けとうつ伏せと。

先週もその前の週もやってたけど

今日は全然できてないやん!!!ということに

気づき、あまりの出来なさにイリイリ

していましたが

 

 

今まで謎とも思っていなかった謎が解けるという

謎な現象が。。。

 

 

ピラティスのエクササイズやアプローチが

そういうことだったのかー!!!と

 

すっきりした以上のすっきり感と

満足感と愉しさでいっぱいなのです。

 

 

その時すぐわからなくても

わからないとも思っていなくとも

点と点がつながる時がきておもしろい。

 

 

あとは地道に練習あるのみ。

我が家の水槽。

浮草が増えました。

 

 

ベランダまわりいろいろ起きすぎて

ベランダに出れなってる。。

 

 

 

それを練習しなくてもそれができるようになる

 

スタジオはいつも通り営業中です。

 

 

大手のスポーツクラブと違い

密閉された空間に多数集まるわけではないからですね。

 

 

衛生面には気をつけながらレッスンしております。

 

 

 

ピラティスしてて、前まったく出来なかった動きが

いきなりできるようになりました

ということがよくあります。

 

 

これはピラティスでエクササイズを練習しているわけではなく

そういう身体の使い方を練習しているからです。

 

 

エクササイズだけ練習していても、それが身になっていなければ

日常生活も変わらないですからね。

 

 

すごいポーズができたとしても

なんの役にも立たないです。

 

 

ピラティスの生活になると、例えば肩が凝らなくなったり

腰痛がだんだん改善したり、姿勢が良くなったり

そんな変化も感じられますよ。

 

 

 

昨日は朔日参りへ。

毎月行ってる産土神社にて日本中の人が

心穏やかに日々過ごせますようにと祈ってきました。

 

午後からは平田ナーセリーへ。

ブルーベリーの木を買いました。

 

 

ブルーベリーも同系統2種類の木を置くことで実をつけるので

徳大粒のミノウブルー、大粒のデライトを選びました。

 

 

ミノウブルーは久留米出身の子だそうです。

国内に出回るほとんどは北米原産だそうで

日本生まれの種類はほとんどないのだと

購入後に運んでくれたお兄さんが教えてくれました。

 

 

この日は蘭フェアということで多くの蘭も見れました。

キッチンカーもたくさん来てましたよ。

 

 

いちごソフトなのにメニュー豊富なのねと

思いきや、全部一緒というね。

 

こういうセンス好きです。

 

 

夜は読書。

あまり長く集中できないけれど、私にとってはとても大切な時間です。

 

 

 

当たり前のことが一番大事

img_5907.jpg

img_5903.jpg

コロナウイルス、諸々影響出ているようですが

普段通りのレッスンでした。

 

 

しかしトイレットペーパーが売ってないのです!!!

 

 

みんな振り回されすぎでしょ。

 

 

スタジオのペーパーあとひとつしか

ないのにね。。。

 

 

こんな時にパニックになるのは

日頃自分のケアをしてないからです。

 

 

適度な運動と身体を冷やさず

しっかり栄養を摂りよく寝る。

 

当たり前のことが一番大事です。

 

初めての牡蠣小屋

 

牡蠣小屋に行ってきました!

 

牡蠣が食べれないということで

行こうとも考えたことなかったけど

いろいろ持ち込めるということで初体験!

 

 

伊都菜彩で食材を買って

伺ったのは福吉漁港にある

 

伸栄丸(佐々木)

こちらお肉の持ち込みもOKだそうですよ。

 

 

アヒージョ作ったり

 

 

お魚やお野菜焼いたりもはやバーベキューですね。

席代300円払ってなんでも焼けます。

 

 

 

帰ってからは、とうとう届いたメダカ鉢へ移し替え

発泡スチロールから素敵な信楽焼へお引越し。

 

メダカには全く関係ないと思うけどね。

 

可愛い浮草も届いて嬉しい。

大事に育てます。

 

湿布は身体に良いのか

日々の生活の中で気をつけていても

ときどき痛みが出たりすることはあります。

 

 

物理的なものにしてもそうでないにしても

その時の対応はとても大事です。

 

 

間違いやすい湿布の使い方について。

 

 

 

病院でも当たり前のように出される湿布。

腰が痛いから、肩が凝ってるからと

あまり考えもせずに使っていると

逆に治るのを遅らせてしまうのです。

 

 

 

まずは湿布を貼った時の身体の作用について。

 

 

湿布を貼ると
①血管が縮む

湿布を貼ると消炎鎮痛剤が吸収されて血管が縮みます。

 

②血液の流れが減る

血管が縮むことで血液の流れる量と勢いが減り出血を抑えることがでます。

 

③神経へ送られる酸素の量が減る

 

④神経の働きが鈍り痛みが感じにくくなる

血流が抑えられ、神経に酸素が送られなくなるために痛みが感じにくなります。

 

 

そう。

湿布で痛みを改善したのではなく

神経を鈍らせて感じにくくしてるだけなんです。

 

 

そしてコリに対して湿布を貼るのは間違いです。

 

 

コリとは筋肉の中の血行不良により酸欠の状態になったところですが

湿布を貼ることでより酸素が送られなくなりコリはひどくなります。

 

 

湿布が必要なのは

打撲やや捻挫、骨折などでケガをしたばかり

内出血が起きたり腫れが出ている場合です。

 

湿布の貼り方を間違えると修復の妨げになることもあるので気をつけてくださいね。

 

 

整骨院などでは儲かるからと湿布を出すこともあります。

 

 

 

その湿布本当に必要ですか?

 

貼る前に考えてみたほうがいいかもです。

 

冷え性対策に

 

この日は東洋医学講座でした。

今回のテーマは冷えと血流。

 

冷えに対してのアプローチはいろいろありますが

一番のおすすめは足湯。

 

足湯の目的は全身の血流改善。

週に5日以上20分間

続けてみてください。

 

1ヶ月後には少しは改善してくると思います。

 

ちなみにお風呂入ってるから。と思われるかもしれませんが

全身浴、足湯、腰湯それぞれに影響は違うのです。

 

 

できるときにやってみます!という方いますが

ときどきやっても冷え改善の効果としてはあまりないので

やると決めて続けてやることをおすすめします。

 

 

もし、足が濡れるのがめんどくさい!

という方がおられましたら。。。

 

道具もあるのでお声かけくださいね。

 

 

身体をあたためる食べ物を少し。

①生姜

生姜に含まれるジンゲロールに熱が入るとショウガオールになり

ショウガオールがあたためる効果があります。

 

ジンゲロールには身体を接したものを冷やす働きがあります。

喉を通るときにヒヤッとしますよね。

 

林先生の初耳学で生姜は熱を入れて食べないとダメと言ってたそうですが

胃には胃酸があり熱を出すので

十二指腸に届くときにはショウガオールになってるので

熱は入れなくてもあたためますよ。

 

 

②玉ねぎ、ニンニク、ねぎ、ニラなど

硫化アリルに温める効果があります。

 

③ヌルヌルの芋

とろろ芋などですね。

ジオスゲニンという成分が身体をあたためます。

 

④みかんの皮の白いとこ

ヘスペリジンという成分、不溶性繊維です。

吸収が悪いのでお茶を一緒に飲むと吸収しやすくなります。

 

 

この勉強会では日常の中でできる身体を快適にするためのポイントなども

お伝えしております。

 

講師の田村先生には10年以上もKANONができる前から

毎月来ていただいております。

 

10年聞いても面白い話を皆様にも聞いて欲しいなと思っております。

 

 

次回は免疫。

一緒にいかがでしょうか?

 

免疫を高める身体づくり

 

毎月開催している東洋医学の勉強会

次回のテーマは『免疫』です。

 

ウイルスも花粉症もアレルギーも免疫が関与しています。

 

 

ウイルス対策に必要なことは何か特別なアイテムではなく

自分の身体をどれだけ強くしておくか、どれだけ良い状態にしておくことが大切です。

 

 

パニックになっている人ほど日頃の自分のケアを何もしていませんからね。

 

免疫とは何か、どうすれば高まるか

 

 

日頃どういうことができるかなど学んでいきます。

自分のため、家族のために学びにいらっしゃいませんか?

 

日時

3月13日(金)

13:30〜15:30

 

料金

3000円

 

講師

田村 弘一先生

一般社団法人日本予防医学アカデミー学長

 

自然という美しさ

 

火曜日は安部塾の日。

この日のテーマはお膝、そして外旋筋。

 

手を組み合っているのはお膝がどうなっているかのイメージ。

手は腓腹筋とハムストリングです。

 

この日も膝下のスネの捻り。

 

 

軸を間違うと全然違う動きになるので難しいですね。

 

 

次に股関節。

 

 

お腹を安定させて動かしていきます。

 

うつ伏せでするときはブロック2つ挟むとミスしないです。

内閉鎖筋、骨盤底筋が働きます。

 

 

骨盤底筋が働くので胸腰筋膜、鋸筋も働きます。

内閉鎖筋は外旋六筋のひとつで外に捻る筋肉。

 

内閉鎖筋は骨盤底筋に接続しています。

ピラティスでクラムをするときに骨盤底筋が引き上がっていくのはこのため。

 

昔、お尻の穴を締めてという誘導が流行ってましなが間違ってますね。

 

 

クラムでは骨盤底筋と脚の外旋を連動させるから意味があるのであって

パカパカ開いて捻ってなければ意味がありません。

 

開脚ブームで間違ってやってた人たちケガが続出でしたしね。

まぁ開脚ができることにメリットはありませんから。

 

 

大事な内閉鎖筋、わかったところでどうにもならないので地味に練習するしかないですが

意味わからずやるよりかはわかってやる方が愉しいです。

 

 

生活の動きの質が変わりますよ。

 

筋肉は縮むために伸びます。

 

伸ばすばかりやってると戻らなくなります。

 

スポーツでも野球のバッティングやゴルフなどでも

内旋で力をためて外旋で力を発揮することができるようになります。

 

 

膝の過進展のある人はハムが使えていないことが多いです。

私もこういうのやっているとお膝が安定して安心感が出てくるのですよ。

 

 

内閉鎖筋と骨盤底筋の関係

呼吸の関係をもうちょい研究しようと思います。

 

 

わかりそうでわからなそうで

どうなっているんだろうと考えているとき

感じようとしているときが一番愉しいんですよね。

 

 

人は自然の一部なので

特別なすごい動きができることよりも

よりナチュラルな美しさを追求したいです。

 

舌の講座開催しました

土曜日は午前と午後とグループクラスの日。

 

そして、しばらく前までやっていた

解剖学講座をまた復活することにしまして

第一回はテーマは『舌』

 

舌だけでも1日語れるくらい奥深いですが

今回は実技メインで行いました。

 

終わってからは身体の小話や

身体以外のこともいろいろと。

 

また来月からも開催することにしました。

 

 

また決まりましたらご案内いたします。

 

マンモス展行ってきました!

 

ギリギリ行けたマンモス展。

永久凍土で発見されたマンモスたちの

冷凍標本での展示でした。

 

 

 

ユカギルマンモスの前では

かなりの時間足が止まりました。

 

歯茎のこと、マンモスは60〜70歳まで

生きること、などいろいろ教えてもらいました。

 

 

 

ゲノム解析でマンモスを蘇らせる事は

もうできるのでしょうね。

 

 

そしてそこから、学ぶことはあるだろうし

研究の意義はありますしね。

 

 

それをするのか、しないのか。

絶滅種の再生は可能かということにばかりではなく

再生した生物をどう扱うかは大事です。

 

絶滅になった原因の自然の生育環境で生きるのは難しく

餌のとり方などを教えてくれる頼りの親もいない

 

結果、研究に使われるだけの命とななるのがわかっていながら

復活させるのは人間の利欲のためなのか。

 

 

なんてことも考えました。

 

 

生命科学ってやっぱりおもしろい。

 

 

ランチは博多駅に移動して

サラダランチ。

 

ベジバルキュウシュウ

 

モリモリサラダはベースのサラダにトッピングしてオリジナルサラダにしてくれます。

また行こう。

 
 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.