ピラティスとヨガの違い

代表ブログ

ピラティスについて

ピラティスとヨガの違い

 

img_3210.jpg
見た目は似てるヨガとピラティス。

何が違うのですか?

 

どっちを選べば良いのですか?

 

という質問を100回以上聞かれました笑

 

 

まずは簡単な答え。

ピラティスもヨガも心と身体を整えて

健康になろうというゴールがあります。

 

その中でピラティスはどちらかというと身体を重視して

ヨガは心を重視しているように思います。

 

 

目的に向かうルートが違う感じですね。

 

大きく違うのは発祥、歴史

 

 

ピラティスとは

「ピラティス」は、ドイツのジョセフ・H・ピラティス氏が

第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動です。

 

姿勢が良くなり、ボディラインが変わると世界中で支持されています。

 

ピラティスの特徴は、インナーユニットに意識を向けて運動し

ケガの防止やリハビリ、ボディメイクに効果があります。

 

また、ピラティスは骨格を整え

体幹の筋肉も強くしていくので姿勢改善に役立ちます。

 

 

「ヨガ」は、インドの思想に根ざしていて悟りを学ぶことを目指しています。

この背景から、単なる健康体操としてだけでなく

リラクゼーションにも効果的だといわれています。

 

 

ピラティスとヨガの効果を比較

ピラティスとヨガは、効果にも違いがあります。

簡単にいえば、骨格のゆがみや筋力不足を解消できるのは

ピラティス、リラックス効果があるのはヨガです。

 

ピラティスとヨガのどちらを始めるか悩んでいる人は

自身が何を目的としているかがポイントになります。

 

ダンサーやアスリートは、ケガ予防やパフォーマンス能力を

向上させるためにピラティスを取り入れることが多いようです。

 

 

ピラティスとヨガの目的別の選び方

〇ダイエット目的の場合

ヨガよりピラティスが向いてると思います。

ピラティスは骨の整列を整えていくので

筋肉が正しい位置につきボディメイクにも適しています。

代謝も上がりますよ。

私自身、体温が上がり平熱37.1度です。

 

〇リハビリ目的の場合

ピラティスはもともとリハビリから

発祥したエクササイズですのでピラティスが最適です。

プロとして活躍するダンサーやスポーツ選手も

ピラティスを取り入れてる方はたくさんいます。

 

〇精神的な健康目的の場合

ヨガのレッスンには瞑想があることも多く

リラクゼーションにはぴったりだと思います。

もともと発祥は思想からですしね。

 

 

最近はヨガのインストラクターが

ピラティスを学ぶ姿をよく見るようになりました。

ヨガ習うならピラティス学んでる先生に

つくのはおすすめだなぁと思います。

 

 

いかがでしょうか?

私のピラティスとても良いから来てくださいね。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.