その腹筋運動の効果は期待してるものですか?

代表ブログ

身体のこと

その腹筋運動の効果は期待してるものですか?

 

1/17 身体スイッチの主催をしていただいてる

島田和子さんのプライベートレッスン。

 

腹筋についてお話しました。

 

 

腹筋と言うと皆さんがよく想像するのは

シックスパックに割れた腹筋。

 

これは腹直筋といって身体を曲げる時に

はたらく腹筋です。

 

なんですがピラティスで使う腹筋は

腹横筋という体幹の安定のための腹筋。

 

 

体幹を安定させるコアの筋肉は

「骨盤底筋群」「多裂筋」「腹横筋」「横隔膜」があります。

 

コアの筋肉がうまく使えていないと

身体は安定できなくなり腰などに負担がかかります。

 

 

普段の日常生活でも、運動中でも

コアの筋肉が先行して働くことで

手足の運動機能をより発揮しやすくなったり

腰痛の予防になったりしています。

 

コアの筋肉が働くためには

骨盤がニュートラルポジションにあることが大事です。

 

 

腹筋というと前についてるイメージに

思われる方も多いですが

腰のあたりまで腹横筋、内腹斜筋は

ついています。

 

腹横筋のイメージは着物の帯を締めるように

働いていて

ちょっと小さめのズボンを履く時、前のファスナーを上げる瞬間

そんな使い方をします。

 

 

お腹を引っ込めるためにと

シットアップの腹筋運動を行うのは

 

腹直筋には効いていますが

お腹は引っ込みません。

お腹を引っ込めるための腹筋は腹横筋。

 

 

ピラティスで行うエクササイズでは

レッグリフトやクラムなどがおすすめです。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.