チェロを弾くと肩が痛くなる

代表ブログ

身体のこと

チェロを弾くと肩が痛くなる

チェロやコントラバス、二胡など

の弦楽器を弾いて肩が痛くなりまました。

 

生徒さんの中にも今までで数名いらっしゃいました。

 

 

肩が痛くなる、肩が凝るのは

腕や指の力が足りないわけでもなければ

五十肩の名残でもありません。

 

肩が痛くなるのは、なんとなくおわかりの通り

楽器を弾く時の悪い姿勢が関係しております。

 

 

譜面を見ようとか顎が前に出たり

猫背になって胸が閉じた姿勢で

左肘を上げようとすると上がりません。

 

が、

それでも肘先を無理矢理上げようとすると

肩が上がり手首も折れ曲がります。

 

このような状態を続けると肩に負担がかかり

次第に痛みも出てきます。

 

チェロ、コントラバスを弾くための良い姿勢は

肩を下げて胸を開き肘は楽に上げる

弦を押すのは指や腕の力ではなく

腹筋、背筋を使います。

 

 

身体をうまく使えるようになると音も良い音に変わってきますよ。

 

私はもともとクラリネットを弾いていましたが

木管楽器、金管楽器でも同じようなことがいえます。

 

 

クラウンピラティスで大事にしている

less is moreが活かされます。

 

 

弦楽器弾いてて肩が凝る、痛いという方は

改善できますので治したい方はご相談くださいね。

 

公式LINEからご予約もいただけます。

img_5066.jpg

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2021 KANON Allright Reserved.