自分の身体への信頼

代表ブログ

身体のこと

自分の身体への信頼

img_4542.jpg

 

私は20代の頃、エアロビクスのインストラクターをしていました。

 

 

当時は、ピラティスを学びながら

エアロビクスやアクアビクス

バランスボール、アロマレッスンなどを

スポーツクラブで行なっておりました。

 

 

 

健康になるはずの運動でしたが

私の身体は常に腰が痛く

痛いのが当たり前となっていました。

 

 

今ならわかります。

 

 

エアロビクスが悪いわけではなく

アクアビクスが悪いわけでもなく

 

身体の使い方が間違っていて

日常生活も含めてずっと身体に負担を

かけていたことが原因です。

 

 

 

気付いたときには

本屋で立ち読みをすることも

たった少しの距離を歩くことも

 

 

腰が痛く億劫で

腰が痛いのは当たり前

腰が痛くない自分はすっかり忘れていました。

 

 

治療院に行くも

治せないから来ないでくださいと言われました。。。

 

 

 

その後、ピラティスの師匠である

アンディのマニュアルセラピーを受けながら

 

ピラティスの練習を積んでいきました。

 

 

 

アンディは私よりも私の身体を信頼してくれ

私は痛くないという感覚を増やしていくうちに

気づけばフルマラソン走れる私へと変わりました。

 

 

 

アンディが気づかせてくれたのは

自分の身体への信頼感。

 

 

 

私の身体は使い方を間違えてただけで

意識を変え、正しい使い方をすれば

私の身体も変わるということ。

 

 

 

もうすっかり忘れていた

痛くない私を思い出させてくれました。

 

 

 

自分の身体への信頼はありますか?

 

 

長い間の痛みや不調は

いつの間にか当たり前となり

自分のものとなっています。

 

 

姿勢が良くなりたい

いい声を出したい

心も身体もすっきりしたい

不調を改善したい

むくみを改善したい

 

 

そんなこともまずは

自分も変わるという

自分への信頼から始まります。

 

 

そして

そういう自分なんだということを

感じていただくことで

 

 

 

諦めていたことを自分の可能性として

確信していただくことができます。

 

 

私は生徒さんのさらなる可能性を見ています。

 

 

 

自分のことをまず信頼し

そして

私を信じてくださいね。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2018 KANON Allright Reserved.