前鋸筋

代表ブログ

身体のこと

前鋸筋

 

ピラティスでもよくお伝えしている前鋸筋。

肩甲骨を動かすインナーマッスルです。

 

前鋸筋の鋸という漢字は

ノコギリという意味で

ノコギリのようなカタチをしているんですよ。

 

 

ちなみに私がピラティス習い始めたころ

アンディ先生はウィッス筋と言ってました。

 

 

外国人がウィッスと挨拶するときに

力入るところ笑

 

 

懐かしいです。

 

イメージしにくい方は直接聞いてくださいね。

 

 

前鋸筋の

起始部は第1~9の肋骨側面

停止部は肩甲骨の内側です。

 

 

前鋸筋の作用は肩甲骨の安定性や

肩甲骨の外転、上方回旋、下方回旋

肩甲骨が固定されている場合は肋骨を挙上させる作用があります。

 

 

ピラティスでもダンスでもスポーツでも

肩甲骨はとても大事。

 

肩が安定すると骨盤も安定しますからね。

 

 

肩が安定しないと骨盤安定せずコアがうまく使えません。

 

 

 

身体の回旋運動を生み出し

その力を伝達する役割がある

スパイラルライン

スパイラルラインのスタート地点は

耳の後ろから始まる「頭板状筋」です。

 

背骨を越えて「菱形筋」「前鋸筋」へと

肋骨を包むような感じで繋がります。

 

 

 

 

 

「前鋸筋」によって身体の側面を回ったスパイラルラインは

「外腹斜筋」へと続きます。

 

「外腹斜筋」は腹部の中心を越えて

反対側の「内腹斜筋」そして「骨盤」へとつながっていきます。

 

このような繋がりから前鋸筋は

後ろに振り向くときと、ターンするときなど

身体をねじる動きの時に必要不可欠なのです。

 

 

野球やゴルフのスイング動作では

ここをうまく使うことができないと

力と勢いだけのいわゆる手打ちになります。

 

 

日常生活では高いところにある物を取るとき

物を投げるときなど結構使うんですよ。

 

そして猫背の原因も前鋸筋が関与してます。

 

 

のこぎりのカタチの前鋸筋、

ぜひ極めてみてくださいね。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.