台湾茶の急須って何が違うの?

代表ブログ

台湾茶

台湾茶の急須って何が違うの?

 

日本茶の急須

 

ハーブティーポット

 

日本茶には日本茶用の急須

ハーブティーにはハーブティー用のポット

があるように

 

 

台湾茶を煎れるための

台湾茶用の急須もあります。

台湾では茶壷と呼ばれておりますね。

茶壺

写真では比較しにくいですが日本茶の急須に比べると

かなり小さめとなっております。

 

雰囲気が合うというのもありますが

それぞれのお茶を一番美味しく飲めるようなカタチや大きさに

なっているんです。

 

 

茶壷は日本の急須に比べると

とても小ぶりなのが特徴です。

 

 

台湾茶は香りを愉しむお茶と呼ばれており

お茶を煎れるときに香りを閉じ込めるために小ぶりになっています。

 

より香りを愉しめるということなんですね。

 

 

もちろん、他の用途の急須でも

煎れることができますが

 

 

台湾茶が好き!という方は

ぜひ茶壷も手に入れてみてください。

 

 

ビールもグラスで味が変わるというように

茶器や急須にこだわることで

台湾茶の世界をより深く知り、愉しむことができますよ。

 

ご購入はこちらから

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2021 KANON Allright Reserved.