20年以上前、ピラティストレーニングを始めたきっかけ

代表ブログ

クラウンピラティス

20年以上前、ピラティストレーニングを始めたきっかけ

IMG_5288私のピラティスの師匠アンディ先生。

 

日本にピラティスというものがまだなかった頃

私は運良くピラティスに出会いました。

 

今から20年以上前、当時20歳です。

そんな昔にどんなきっかけで始めたんですか?

とよく聞かれますので書いてみたいと思います。

 

 

私は大学2年生の時、管理栄養士になるために中村学園大学に通っていました。

 

職場実習で保健所に行った時にメタボの検診でひっかかった人のための

運動指導が行われていたのをを見て

 

 

病気になった人のための栄養指導ではなく

栄養と運動で健康づくりの仕事がしたい!と思い

大学在学中にエアロビクスの養成コースに通っておりました。

 

養成コースはキッチンカーを出させていただいているスタジオパラディソです。

 

 

当時は異例すぎる!

せっかく管理栄養士の資格取るのに!

と言われておりましたが

 

私にとっては進みたい道がやっと見えたので

そんな声はスルーでしたね。

 

私の師匠アンディは当時日本に来てパラディソのスタジオを借りて

ピラティスのレッスンをしていました。

 

 

私は当時ピラティスと言うものを全く知らなかったし興味もありませんでした。

 

が、アンディ先生は

日本語がほとんど分からない、私も英語が全く分からない

 

外国人と喋ることがほとんどなかった私は

携帯の翻訳機能を使いながら

何気ない話をやり取りすることが楽しかったのを覚えています。

 

そんなこんなでピラティスをすることもなく

半年間くらいおしゃべりをしていました。

 

 

そして、エアロビクスの勉強中に身体の使い方もわからず

 

練習をしまくっていた時に腰痛になってしまい

アンディ先生からピラティスしませんかと

声をかけてもらいました。

 

 

それがはじめてのピラティス。

誘われたからやってみようくらいでした。

 

今考えると当時は全くわかっておらず

なんだか気持ちが良いなぁくらいでしたが

それが終わりなき学びの旅へのスタートでした。

 

それからコツコツとコツコツと

ずっと続けております。

 

いろいろな偶然ときっかけで始めたピラティスに

こんなにも長い間ハマっているってすごいなと思います。

 

そして20年以上たっても、アンディ先生からもパラディソのはーなからも

学ばせてもらいながらお仕事も一緒にさせていただいているのも

本当にありがたいことです。

 

 

私から伝わるピラティスで

人生が良い方向へ変わるきっかけとなったと思ってもらえる

指導者や生徒さんを増やしていきます。

 

 

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2021 KANON Allright Reserved.