金継ぎでより美しく育てる

代表ブログ

日々の綴り

金継ぎでより美しく育てる

img_7082.jpg

冬に深川製磁の美術館で購入したお皿が

割れてしまったので初めての金継ぎしました。

 

毎日の食事で使う器。

どんなに大切に使っていても、形あるものはいつか壊れます。

 

器は割れるものという前提で

壊れてもいい器を使っている人も多いかと思います。

 

安くて買い替えが容易なもの。

プラスチックなどの壊れにくいもの。

それも効率的な方法かもしれません。

 

だけど食が好きならわかるはず

器で美味しさは変わります。

 

器に限らず

毎日、目に触れるもの、手に取るものが

自分のお気に入りで心が喜ぶものだと

人生が豊かになるのも知っているので

 

我が家にある食器は大好きなお気に入りばかりです。

 

金継ぎとは

陶磁器の破損した部分を、漆で接合したり埋めるなどで修復し、

その上から主に金粉や銀粉で装飾を施した漆芸技法のことで

室町時代の茶の湯の頃に始まったと言われています。

 

深川ブルーと金の相性は素敵♡

デザインみたいでカッコよくなりました。

 

 

生徒さんには

人生良くしていくためには

自分の五感にお金を使うと良いとお伝えしています。

 

ピラティスもその一つ。

自分の身体のために時間とお金を使うことで

想像以上の豊かさを感じることができますよ。

 

 

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2021 KANON Allright Reserved.