腹腔鏡手術後のピラティス

代表ブログ

日々の綴り

腹腔鏡手術後のピラティス

先月の腹腔鏡の手術から約1ヶ月が経ち

身体の変化を感じております。

 

やはり癒着もあるようでピラティスで

少しずつ元の状態へ戻していきます。

 

胆のうは右側にあるので筋肉を縮ませるのが難しく

右側屈をすると左側の肋骨の突っ張りを感じます。

右側を縮ませることを意識することで改善しました。

 

 

ピラティスやってて良かったなぁと思うのは

身体の中をちゃんと感じられるということ。

 

自分が今どういう状態であるのかわかっていることで

もっと良くするためにこういうことできるよね

とわかります。

 

身体が良い状態であることで

頭の中も良い状態でいれますからね。

 

外ばかりに向く目を、自分の方へ向けてみてくださいね。

今日も良い一日を(^^)

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2022 KANON Allright Reserved.