ストレッチシリーズ② 痛気持ちいはアウト

代表ブログ

身体のこと

ストレッチシリーズ② 痛気持ちいはアウト

 

日本人は少し強い刺激が好きなようで、

指圧やマッサージなど少し痛いくらいの方が

効いてると思ってしまいませんか?

 

 

ストレッチも痛気持ちいくらいが、丁度いいと頑張って

「イテテテー。あー効く効く」

と伸ばされてる方も多いかと思います。

 

 

が!

痛気持ちいはアウトなんです!

 

 

ストレッチをやった次の日に筋肉痛みたいな感じや

逆に硬さを感じたことがありませんか?

 

 

体のコントロールをしている自律神経には

交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

 

交感神経はやる気モードに、

副交感神経はリラックスモードへ切り替えるスイッチです。

 

 

では。。。

「痛気持ちいい」は、どっちのスイッチでしょうか?

 

 

これは「痛い」に反応して交感神経にスイッチが入ります。

 

 

ストレッチをする時に、交感神経にスイッチが入ってしまうと

筋肉は緊張してかえって硬くなります。

 

 

筋肉はリラックスしてこそ伸びるものなので、

ストレッチで筋肉を緩ませるには、

副交感神経にスイッチしなければなりません。

 

 

ストレッチは「気持ちいい」とこまでしか

伸ばしてはいけないのです。

 

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.