焼き肉の解剖学とヒップフレクサー

代表ブログ

身体のこと

焼き肉の解剖学とヒップフレクサー

 

ピラティスレッスンでも時々お伝えしている筋肉の名前ですが

直接目に見えるものでもないし

なかなかイメージがしにくい。

 

ということで牛肉の場合だとココだよ!

という部位をご紹介していきたいと思います。

 

 

腸腰筋(ヒップフレクサー)

ヒレ肉

 

胸最長筋

 →リブロ-ス肉

 

肋間筋

カルビ

 

僧帽筋・菱形筋

ロース

 

棘筋

ざぶとん

 

前鋸筋

みずじ

 

横隔膜

ハラミ

 

 

腸腰筋について少し詳しく!

人では2足歩行になったことで大きく発達した腸腰筋ですが

四足動物の場合は、普段あまり使用しないですので

ヒレ肉は他の部位に比べると軟らかく

あまり発達していないので量もかなり少ないです。

 

腸腰筋は腸骨筋と大腰筋の総称です。

 

 

大腰筋は体幹と下肢をつなぐ筋肉で

立ち姿勢を保つ、脚や膝を持ち上げる働きがあります。

 

大腰筋が衰えたり、硬くなってしまうと

姿勢が悪くなったり

腰痛の原因になったり

お尻が垂れたり、下腹ぽっこりになったり

してしまいます!

 

 

日々のトレーニングとストレッチが大事ですよ。

 

 

ご自分で行うのが難しい方は一緒にしませんか?

コロナ期間中、オンラインでのプライベートレッスンが

通常時の半額となっております。

 

お問い合わせフォームよりメッセージくださいませ。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.