外くるぶしが靴に当たって痛い!

代表ブログ

身体のこと

外くるぶしが靴に当たって痛い!

パンプスやスニーカーを履いたとき

くるぶしのが靴の端に当たって痛い

という経験がありませんか?

 

このブログではなぜくるぶしが靴に当たるのか

どうすればいいのかについてまとめていきます。

 

まずなぜくるぶしが靴に当たってしまうのかですが

靴の設計上の縁の高さが高すぎるというのも考えられます。

 

その場合、中敷を入れることで改善することが多いです。

 

しかしどの靴を履いても当たる、片側だけ当たると言う場合は

自分の足首の問題かもしれません。

 

 

くるぶしが当たったまま我慢して履いていると

靴擦れを起こしてしまうこともあるのでほったかしにはできませんよね。

 

 

 

 

どの靴を履いてもくるぶしが当たるような時

かかとが内側もしくは外側に傾むいてしまっているかもしれません。

 

かかとが傾くと足首も傾いてしまいくるぶしが低くなるので

当たってしまいます。

 

内倒れ、外倒れどちらも起こりうります。

この場合の改善方法は即効性の解決法を求めるよりも

 

根本の解決として足の状態を整えていく必要があります。

 

なぜなら足がこのような状態では足だけでなく

姿勢にも影響が出てきていますので他にも何かしらの問題が

少しずつ出てきています。

 

ですので足から全身を整えていくことことが必要です。

 

かかとが真っ直ぐになることで

ふくらはぎの形も変わり脚もきれいになりますよ。

 

 

くるぶしの痛さをどうにかしたいという方は

私のレッスンを受けることで改善できますので

体験レッスンにいらしてください。

 

今どうなっているかの状態を明確にして

改善のためのプログラムをお伝えします。

img_1850.jpg

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2021 KANON Allright Reserved.