ピラティスの歴史

代表ブログ

ピラティスについて

ピラティスの歴史

E3A10092-55E1-4FBE-81B0-865CF0936E3D

ピラティスの歴史について書いてみました。

是非読んでみてくださいね。

ピラティスとは、創始者である

Joseph  Pilates(ジョセフピラティス)」氏の名前からきています。

1883129日ドイツ生まれ

幼少期はリウマチ熱やくる病、喘息を患うなど病弱であったと

言われています。

いじめにあっていたことからも「強くなりたい」と

体操や身体に良いとされる運動をしたり

独学で解剖学などを学びながら病気を克服し

健康的な身体を手に入れました。

身体を鍛錬することに非常に熱心だったピラティス氏は

第一次世界大戦が始まる1914年には

イギリスで護身術などを教えていて

ドイツとイギリスが敵国同士だった為

イギリスとアイルランドの間に位置するマン島に

4年間拘留をされていたと言われています。

マン島では彼自身が日々取り組んでいたワークアウトを

他の拘留者にも教える様になり

戦争で負傷した兵士のリハビリテーションを担当する様になりました。

1918年にインフルエンザが世界的に大流行し

拘置所でも深刻な事態になりましたが

彼と一緒にワークアウトに取り組んでいた人は

誰一人感染しなかったそうです。

マン島では看護師としても働き

負傷者がどのようにすれば寝たままで身体を強化し

機能改善できるかを研究しました。

ここでピラティスマシンの原型になったと言われるキャデラックが

生まれました。

ベッドにスプリングを取り付け

スプリングによって動きに「サポート」や「抵抗」を加え

リハビリを行ったと言われています。

これが現在の「ピラティス」の始まりとなるのですが

ピラティス氏自身は「コントロロジー」と呼んでいました。

戦争が終わり、1926年にピラティス氏は

アメリカのニューヨークへと渡ります。

アメリカに渡る船の中で、奥様のクララと出逢い

その後、1930年代前半にクララと共にスタジオを開業。

彼のメソッドは怪我から多くの人々を奇跡的に回復させ

ダンサー達を中心に噂が広がりたくさんの結果を残しました。

現在では プロスポーツやリハビリ目的としても世界中の

多くの分野で取り入れられています。

ピラティス氏の願いは

か『コントロジーを通じて、全ての人の健康 と平和な社会い』

でした。

ピラティス氏の信念や哲学は今でも受け継がれています。

じっくりと身体と心に向き合いその変化を体験してみませんか?

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2019 KANON Allright Reserved.