肩関節を守るローテータカフ

代表ブログ

身体のこと

肩関節を守るローテータカフ

 

 

24716ACE-DBA1-46F6-86D2-DF067275431E

肩関節は肩甲骨、上腕骨 と鎖骨で構成されます。

上腕骨に対して、肩甲骨の関節窩が小さいため

関節の動きは自由で大きいですが

その分、不安定な形状になっています。

 

 

人間は上肢を使用するようになり

安定性よりも可動性を優先した結果からです。

 

 

同じボールの形の関節では股関節がありますが

安定性を優先してるので肩ほど可動域はありません。

 

 

 

肩関節はこの不安定な関節を安定させているのがローテータカフ(回旋筋腱板)です。

 

AC321883-3AB8-4A57-92B0-B2CD3634A9CF

 

ローテーターカフは、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋から構成されます。

 

これらの筋は、肩甲骨と上腕骨頭に付着していて

上腕骨を肩甲骨のくぼみへ引きつける働きがあります。

まさに安定のための筋肉です。

 

 

肩甲骨の後側にあるのが棘上筋、棘下筋、小円筋

肩甲骨の前側に肩甲下筋です。

 

腕を動かす大きな筋肉が十分に力を発揮するために

このローテータカフが上腕骨を固定しておく必要があります。

 

 

ローテータカフが適正にゆるんだり緊張したりすることができなくなり

肩関節がスムーズに動かなくなると

五十肩やインピンジメントなど障害が現れます。

 

 

本来の位置からずれた状態で無理矢理動かそうとすると

関節軟骨や靱帯などに負担がかかり炎症や痛みとなるのです。

 

 

img_6253.jpg

肩こりになっているときは

このローテータカフはガッチガチになっているのでほぐしますが

小さい筋肉なので力でやると使う筋肉間違います。

 

 

ピラティスでは、ローテータカフにアプローチするエクササイズも

得意なんです。

 

 

肩は複雑です。

次回は肩関節の動きについてまとめたいと思います。

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.