母指内転筋

代表ブログ

身体のこと

母指内転筋

img_7160.jpg

 

母趾内転筋とは足の横アーチを作るための筋肉で足底で最も深層にある筋肉です。
足の中だけで完結する内在筋になります。

 

 

 

英語では【adductor hallucis muscle
adductorr=『正中位に近づける』
hallucis=『母趾』

 

母趾を正中位に近づける筋肉という意味です。

 

 

特徴

特徴的なのは7の形をしていて

『横頭』と『斜頭』があります。

 

母指内転筋は足の横アーチを作る上でとても重要な働きをする筋肉です。

 

 

起始と停止

【横頭】
起始 ー 第3〜5趾の中足趾節関節の関節包と靭帯
停止 ー 母趾基節骨底の外側縁

【斜頭】
起始 ー 第2〜4趾の中足骨底
停止 ー 母趾基節骨底の外側

 

『横頭』は第2趾には付着しなく、斜頭』は第5趾には付着しないんですね。

 

 

働き

①母趾のMTP関節を屈曲する
②母趾を内転する
③横頭は足の横アーチを保持する
④斜頭は足の縦アーチを保持する

 

 

横頭は母趾を小趾側に近づける内転の働きがあり

中足骨を中央へ引き寄せて横アーチを形成します。

 

斜頭は内側縦アーチの形成します。

 

 

 

 母趾内転筋のトレーニング

足部のアーチには固有筋が大きく関わります。

特に母趾内転筋は筋力低下すると、開張足になります。
長く続くと横中趾靭帯が緩んで治りにくくなります。

 

 

横アーチを意識した筋力トレーニング

前足部がアーチを描くように丸めます。

アーチを作ったり、緩めたりを繰り返します。

 

 

 

 

母趾内転筋マッサージ

ゴルフボールなどを優しく転がします。

 

 

 

立位のバランスや姿勢にも活躍している筋肉です。

 

横アーチの下にタコのある方

(タコがあるということは横アーチはないと思われますが)

やってみてください。

 

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.