肺の位置

代表ブログ

身体のこと

肺の位置

img_8115.jpg

肺なある位置のイメージは

どのあたりあでしょうか?

 

ピラティスでは下部肋骨呼吸をしますが

実は動いている肋骨の一番下のあたりまでは肺はありません。

 

肩甲骨の下部あたりまでが肺なので

解剖に行ったときに感じたのですが

肺は思ったよりも小さいのです。

 

 

肋骨下部がしっかりと横に広がることで

横隔膜が下がり呼吸が深くできます。

 

 

肋骨の動きが小さいのなら

ちゃんと吸えてないかもしれませんね。

 

そして肺の位置のイメージに間違いがあると

動きも変わります。

昔流行った腹式呼吸は

リラックスの呼吸です。

 

もし腹筋がガチガチに固くて緩まない場合は

夜寝てても疲れが取れにくいです。

 

休息時は腹式呼吸、活動じは胸式呼吸ですね。

 

なので胸式も腹式もどちらもできることが大事です。

 

 

呼吸がちゃんとできることで

お肌の色艶と体型が良くなります。

 

 

詳しくはレッスンでやっていきますね。

呼吸大事です。

 
大濠のピラティス・ヨガ スタジオKANON(カノン)
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-7-13 エステート芳賀大手門201
TEL:092-753-7806 携帯:090-7382-7539
Copyright(c) 2015-2020 KANON Allright Reserved.